岡山県内では県北で13日夜から雪が積もり始めた。岡山地方気象台は14日午前5時40分に津山、新見、真庭など北部の11市町村に大雪注意報を発表した。 同11時現在、雪の深さは真庭市蒜山上長田で31センチ、新見市千屋で24センチ、津山市で6センチを観測した。 15日朝までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で北部の山地40センチ、平地10センチ、南部で10センチ。同気象台は「積雪や路面凍結による交通障害、ビニールハウスなどの倒壊に注意してほしい」と呼び掛けている。