JA阿新(新見市高尾)は12日、ことし1年の農作業の安全と発展を願い、同JA経済部宗金総合事務所(西方)で農機具の初荷式を行った。 草刈り機や大型コンバインなど計約30台を荷台に積んだトラックが整列。神事の後、同JAやメーカーなどの関係者約30人が拍手を送る中、購入者宅へ出発した。山本日吉司組合長は「安全対策の指導を徹底し、作業中の事故がないようにしたい」と話した。