反日感情を抱く中国人が日本を初めて訪れてから、日本に対して抱いてきたマイナスイメージが好転したという経験をよく見聞きする。中国人は抗日ドラマを見慣れているため、事あるごとに「すみません」という言葉を口にする日本人の素行を直接目撃すると、抗日ドラマによって刷り込まれてきた「悪人」のイメージが一変するのだろう。

 中国メディアの天天快報はこのほど、抗日ドラマに登場する「素行の良くない、悪人の日本人」とは異なり、実際の日本人は非常に素行が良く、実際の日本人はケンカすらほとんどしないと伝えている。

 記事は、日本人の素行が良い理由について「親日派は日本人の民度が高いからだと答える」、また「反日派は日本人の民度が高いのではなく、日本には厳しい軽犯罪法があるからだと答える」と説明。しかし記事はこのどれも核心をつく答えではないと指摘、日本人がケンカすらしない本当の理由は「世間の目」だと説明。

 続けて、日本人にとっての「世間」には単なる社会という枠組みを超えた意味があり、「侵してはならない領域」であると説明。それは「村八分」という考え方によく表現されており、小さなものから大きなものまで含めて自分が属する集団から見捨てられることに日本人は耐えられないと説明。日本人の素行の良さはここに起因するという見方を示した。

 つまり記事に言わせれば、日本人の素行の良さは純粋な徳性によるものではなく、世間の目を気にすることに起因するいわば二面性のあるものだ。世間の目を気にする必要がなくなれば、身勝手な本性が露呈するということになる。

 日本人が中国人より世間の目を気にする傾向があるのは事実だが、世間の目がなくとも多くの日本人は身勝手な行動を慎むものだ。記事は日本社会に存在する見知らぬ人への思いやりや優しさを知らないゆえに、日本人の素行がただ世間の目を気にすることからのみ生じていると曲解しているのだろうが、日本人の素行が良いのはやはり民度が高いためではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)