反日感情から日本旅行に反対する中国人もいれば、日本旅行を積極的に支持する中国人もいる。そのため中国では日本旅行を巡ってこの両者が対立する、あるいは摩擦が生じることがあるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本との歴史問題に起因する感情から日本旅行をあえて避けているという1人の中国人が、日本旅行から大きな感動を得た中国人女性に批判されたという出来事について紹介している。

 まず記事は歴史問題が原因で「生きている間は絶対に日本には行かない」という信念を持っている中国人を紹介。しかしこの中国人は「人にはそれぞれ自分の価値観がある」と信じ、「日本旅行に行く友人については彼らの選択を尊重し、反対もしないし、罵ることもしない」と紹介した。

 しかし記事によれば、この中国人は日本旅行から大きな感動を得た中国人女性と世界の観光スポットについての会話になった際、「日本がどれほど美しいかを知っているか?」と聞かれ、「日本は嫌いだから行かない」と答えたところ、この中国人は女性の怒りを買い、「日本の素晴らしさを知らないなんて人間じゃない」と罵られたという。

 「生きている間は絶対に日本には行かない」という信念を持っているこの中国人にとってみれば、「人にはそれぞれ自分の価値観がある」ゆえに日本旅行に行く友人を批判しないのと同じように、日本旅行からどれほど大きな感動を得たとしても日本旅行を人に押し付けるべきではないというのが公平な考え方になるのだろう。

 しかし何かを押し付けられることは旅行に限らず、生活上の様々な場面で生じ得ることであり、「日本旅行には行かない」と決意するのも個人の自由だ。だが、日本旅行を経験した中国人女性に「日本の素晴らしさを知らないなんて人間じゃない」とまで言わしめた魅力が日本にあるという点を中国人は知るべきであり、客観的に判断するためにも、まずは日本を一度訪れてみてから判断すべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)