日本人の礼儀正しさは中国でも広く知られている。一方で、「なぜ日本人は公共交通機関でお年寄りに席を譲らないのか」と疑問を抱く中国人も少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人は礼儀正しいことで世界的に有名だが、日本を訪れる外国人は「日本人が高齢者に座席を譲らない」ことに疑問を感じていると伝える一方、それにはちゃんとした理由があると伝えている。

 記事は、欧米やアジア諸国では「若い人が高齢者に座席を譲る」という光景を「少なくとも日本より見かける」と伝える一方、高齢者に座席を譲らない日本人は年長者を敬っていないのではないかと考える外国人もいることを指摘した。

 続けて、日本人が高齢者に座席を譲らないのには理由があると主張し、日本では「座席を譲るという礼儀よりも、他人の気持ちを尊重することのほうが重要」だからと指摘。日本では「若い者に座席を譲られるほど年老いてはいない」と考える高齢者がいることを指摘した。

 また記事は、日本では「いざ座席を譲ろうとしても座ろうとしないお年寄りもいる」のだと伝え、「日本では好意と親切心から座席を譲ろうとしても、その好意が高齢者にとって快いものとは限らない」と論じた。

 確かに、「若い者に座席を譲られるほど年老いてはいない」と考える高齢者はいるだろうが、譲られた高齢者の多くは「遠慮」して座席に座ろうとしないのではないだろうか。外国人にとって、日本人の本音と建前は難しく、「遠慮」して座ろうとしないことを外国人は「拒絶された」と受け取ってしまうのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)