米アップルの最新スマートフォン「iPhone 7」が発売された。「iPhone」シリーズには日本企業の部品が大量に搭載されていることで知られるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「iPhone 7で日本企業は莫大な利益を得ることになると伝えている。

 記事は、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」は予約が非常に好調で、特にiPhone 7 Plusにおいては予約段階で全色が完売となったことを紹介、非常に良い出だしとなったことを伝えた。

 続けて、iPhone 7が発売されるにあたり、一部の国ではおなじみの行列もできたことを紹介したほか、日本では過去最高の予約実績となったことを指摘したうえで、iPhone 7に部品を供給する日本企業の株価が上昇したことを紹介。さらに、「iPhone 7の好調な販売で大きな利益を得るのは日本企業だ」と指摘した。

 また、一部報道によれば中国ではiPhone 7を求める消費者たちが各地のアップルストアで長蛇の列を作った。普段は列に並ばない中国人だが、よほどiPhone 7が欲しかったのか、きれいな列を作ったのは驚き以外の何ものでもない。

 中国で人気が高いのは光沢が美しい「ジェットブラック」だ。一部ではジェットブラックのiPhone 7が2万元(約31万円)で転売されたとの報道もあり、中国国内におけるiPhone人気はいまだ健在であることがよく分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)bloomua/123RF.COM)