近年、日本を訪れる中国人が増えている。インターネットが発達したことで、日本で感銘を受けた事物をネット上で素直に語る中国人が増え、そうした書き込みが中国人旅行客の増加につながるという循環が起きているようだ。

 中国メディアの簡書はこのほど、「日本人の民度の高さ」のほか、日本人の礼儀正しさ、人にやさしい秩序ある日本社会などについて「ずっと前から耳にしていた」ため、「ずっと日本を自分の目で見てみたかった」という中国人の訪日旅行記を掲載している。

 記事は、日本到着後の空港で空港職員の仕事ぶりや態度から日本社会と中国社会の違いをすぐに実感したと紹介。預けた荷物を引き取る場所では他人の荷物とぴったり接近することもなく、荷物同士が合理的な距離を保っていたと紹介したほか、荷物を運搬する作業員が汚れた荷物を布で拭いている姿も目にしたと紹介した。

 続けて、実際に目にした日本は「利己的」ではなく、「利他的」な社会であり、「他人に迷惑をかけないように努める日本人の姿だった」と指摘し、何をするにも列を作る日本人の姿もまさに「利他的」かつ「他人に迷惑をかけない」ための行動であると紹介。例えば、道路に水たまりがあれば歩行者に水がはねないよう速度を落として走行したり、歩行者を先に通行させるなどの配慮があり、さらに歩行者も配慮してくれた車に対して頭を下げる姿があったと紹介した。

 また、日本では電話やチャットなどのコミュニケーションツールでやり取りをする際、必ず「今お時間よろしいでしょうか」などと尋ね、相手に配慮を示していたと紹介。こうした配慮はいずれも中国では見られない「日本ならではすばらしい習慣」であると伝え、「ずっと前から耳にしていた」日本人の礼儀正しさ、人にやさしい秩序ある日本社会は「まさに現実として存在していた」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)