日本人は働きすぎだと言われる。中国でも「日本人は勤勉」で、「毎日のように残業している」というイメージが根付いているようだ。勤務時間が終わるとさっさと帰る人も少なくない中国からすれば、日本人は確かに働きすぎに見えるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人ビジネスマンの多くは会社から要求されるわけでもないのに自ら進んで残業をしていると主張、「日本人は決して残業代を目当てに残業しているわけではない」と驚きを示した。

 記事は、日本人が進んで残業をしている姿について「奉仕の精神があるように見える」と主張する一方、実際は「仕事を終わらせないと上司に叱咤され、会社に解雇されてしまうのではないかと恐れているのだ」と主張。

 続けて、日本では家庭や個人的な趣味より仕事を優先する男性が多く、会社に対する忠誠心も強いと紹介、「だからこそ中国のように転職を何度も何度も繰り返すことはなく、1社で長い期間働き続けるのだ」と論じた。

 一方で記事は、日本人が残業ばかりしている理由について、長時間にわたって忙しく仕事をしている姿を見せることによって、会社から高い評価を得ようとしていると主張しつつも、「残業をせざるを得ないのは単に生産性が低いためではないか」と主張。だが、日本人の仕事に対する真剣さは本物であるとし、「それは自動車産業をはじめ、世界をリードする産業が日本に数多く存在することを見れば分かる」と指摘した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)