理想の生活を追い求めるのは誰にでもあることだ。中国ではお金が生活の質を向上させ、お金があれば幸せを手にすることが出来ると考えている人が多い。つまり拝金主義が蔓延っていると言えるだろう。だが、生活の質は果たしてお金だけで向上させることができるものなのだろうか。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、日本は経済成長を実現すると同時に、一般家庭の生活レベルや社会のモラルの質を向上させてきたと伝え、世界トップレベルの生活の質を誇る日本と、現在の中国との間には非常に大きな差があると指摘した。

 日本では節約は当たり前のことかもしれない。例えば食べ放題やバイキング形式の食事でも、好きなだけ皿に取り分けて、たくさん残す日本人は少ないだろう。しかし中国ではそんなことは関係ない。とりあえずお皿に好きなものをのせられるだけのせ、残したとしてもそんなことはお構いなしだ。

 記事は、「中国人は裕福になってきているが、贅沢三昧、無駄遣いが生活の質を高めると勘違いしている中国人は多い」と伝え、日本に倣い、勤勉で質素な生活を送り、価値観、行動規範などを向上する必要性を訴えている。

 続けて、中国は流行の車を追い求める風潮が強いのは「メンツを互いに張り合っているため」であり、中国人が車の質を単純に自らの生活の質として捉えるのは馬鹿げていると指摘。さらに、日本と中国の公共サービスの違いについてもふれ、例えば中国の図書館では貸出カードを作るときも「保証金」が必要であるのに対し、日本ではすべて無料で登録でき、持ち物を預ける必要もないと驚いている。そして日本の図書館の施設の清潔さ、秩序だった本棚など、このような公共サービス理念も生活の質の向上に必要だと伝えている。

 中国では、ホテルに泊まるときは、まず先に保証金を支払う。それは中国ではホテルの備品の損壊や盗難が多いからだ。実際に部屋には備品弁償料金表があり、それぞれの備品に細かく値段が付けられている。つまり中国では互いの信頼関係が欠如しており、日本のような社会モラルが欠けているのだ。金銭的に裕福になったとしても、モラルのない人は日本でも「成金」と呼ばれる。中国の人びとは確かに豊かになったが、「成金」体質の人が多いように見受けられる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)