日本を訪れる中国人が日本製品を爆買いしたことは記憶に新しい。円高が進行したことや、中国政府が関税を引き上げたことなどによって、爆買いの勢いは徐々に失われつつあるようだが、それでも日本製品の人気が低下したわけではない。

 低品質ながらも、日本製品に比べて圧倒的に安価な中国製品があるにもかかわらず、なぜ中国人消費者は日本製品を求めるのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本製品が中国人消費者にとって人気である理由を考察する記事を掲載した。

 記事は、日本を訪れたことのある中国人であれば「日本製品はどれだけ小さなものでも、非常に精巧であることを知っているはず」と伝えつつ、日本で売られている製品は品質も高いうえに、販売員のサービスも非常に優れていると指摘した。

 一方、中国人消費者がわざわざ日本を訪れてまで日本製品を求めているのは、品質が高く、偽物や粗悪品がない安心感にあると主張し、その高品質と安心感をもたらしているのは日本企業の厳格な規格や管理にあると指摘した。

 中国人旅行客が日本で購入した電気炊飯器や温水洗浄便座が実は中国で生産されていたことが一時、中国で大きな注目を集めたものの、それでも中国人旅行客は日本企業が中国で生産した電気炊飯器や温水洗浄便座を買い求めた。これは同じメード・イン・チャイナであっても、中国企業が中国市場向けに生産管理を行うのか、日本企業が日本市場向けに生産管理を行うのかによって、品質に大きな差が出ることを中国人消費者が熟知していることを示す事例と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)