日本を訪れる中国人が増加を続けている。中国人旅行客の買い物や消費にばかり注目が集まりがちだが、中国人旅行客が日本を訪れるのは決して買い物だけが目的ではなく、日本は「一度訪れると中国に帰国したくなくなる」くらい魅力がある国のようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、実際に「日本を訪れると中国に帰国したくなくなる」と感想を漏らす中国人旅行客が多いことを指摘しつつ、「日本の何がそれだけ魅力的なのか」を考察する記事を掲載している。

 記事は数多くの写真とともに、中国人から見た日本の魅力を紹介しているが、そのいずれも日本人からすれば日常にある、当たり前のことばかりだ。例えば、ホテルに設置されているアメニティグッズ、小さいながらも必要なものは全て揃っているカプセルホテル、そして便利な機能が詰まった温水洗浄便座など、中国人からすれば「本当にちょっとした」ことであっても、それは中国にはない驚きと感動が詰まった事象であり、そうした事象が日本には数多く存在することを伝えている。

 また、日本では割れ物を購入すると新聞紙などで割れないよう包んでくれること、雨が降っているときは買い物の紙袋をビニールの袋で包んでくれること、警察官が優しく、丁寧に対応してくれることなども紹介。気配りや心配りがあるサービスのほか、日本人の親切な対応も中国人旅行客を感動させていることを伝えている。

 中国で近年注目を集める言葉の1つに「人性化」というものがある。「人に優しい」、「使う人の立場に立った」といった意味合いの言葉だ。記事は、日本はモノもサービスも社会も中国には足りない「人性化」が進んでいることを伝えており、まさにこの「人性化」が日本を訪れた中国人を感動させ、「帰国したくない」と感じさせる要因となっていることを指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)