中国を訪れたことのある人ならば、中国の交通マナーの酷さを知っているだろう。自動車であれば無理な割り込みは日常茶飯事であり、歩行者であれば信号のない場所での道路横断や信号無視は決して珍しい光景ではない。

 そのため、中国人が日本を訪れると「日本人が自発的に交通ルールとマナーを守っている」ことに驚くようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本では赤信号で道路を横断する人は少ないと伝え、「日本人が信号無視をしない理由」を考察している。

 記事は、自動車と歩行者の事故が発生した際、自動車が信号無視だった場合は自動車側に全過失があることなどを伝えたうえで、交通ルールや交通事故における過失割合の規定などは日本と中国で「極端に大きな違い」はないことを指摘。

 つまり、中国人が信号無視をして、日本人が信号無視しないのは交通ルールや規定が異なるためではないことを伝え、その事実から分かるのは「ルールを守らない中国人に対し、日本人がルールを守るということ」であり、「日本人と中国人の民度が鮮明な対比を成していること」だと伝えた。

 中国に「上に政策あれば、下に対策あり」という言葉があるとおり、中国人はもともとルールや法を守るという概念が日本人に比べて希薄な国民性だと言える。こうした概念の違いも、信号無視という行為に現れているというのが記事の見方だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)