日本を訪れる中国人が驚くことの1つに「自動販売機(自販機)」の多さが挙げられる。中国では商品や売上代金が盗まれてしまう可能性が高いためか、街中で自販機を見かけることはほとんどない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本では飲み物やアルコール、化粧品からタバコにいたるまでありとあらゆるものが自販機で売られていることを伝え、「日本の自販機は万能すぎる」と伝えている。

 記事は、人口に対する自販機の設置台数の比率は日本が世界一であることを伝えつつ、「日本の自販機は数が多いだけでなく、性能が向上すると同時に、販売している商品の種類も非常に豊富だ」と紹介。

 飲料のほか、化粧品、アルコール、インスタントラーメン、ハンバーガーのようなファーストフード、そして名刺や証明写真など「ありとあらゆるものが自販機で売られている」と伝え、その商品の豊富さに「万能すぎる」と驚きを示した。

 続けて、日本に数多くの自販機が存在するのは「何でも商材にできる技術力の高さ」、日本人の民度を背景として「売上代金などが盗まれない治安の良さ」が関係していると伝え、自販機が数多く存在することは利便性向上につながると同時に経済成長にも一定の貢献をしているはずだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)