和牛のおいしさは中国でも広く知られている。特に神戸牛や松阪牛などのブランド牛肉は特に有名であり、「食べたことはないが、名前だけは聞いたことがある」という中国人は多い。

 中国で日本のブランド牛肉を「食べたことがない」という人が多いのは、中国が日本からの和牛の輸入を禁じているためだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「神戸牛は世界一おいしい牛肉だ」と主張したうえで、中国は輸入禁止を解除すべきだとの見方を示している。

 記事はまず神戸牛について「霜降りが見た目にも鮮やかで、口に入れると溶けてなくなってしまうほど」だと紹介したうえで、神戸牛がおいしいのは、良質なエサを与えるだけでなく、その飼育方法が中国で見られるような飼育方法とまったく異なるためだと紹介。神戸牛はビールを飲ませたり、マッサージを行ったり、さらには音楽を聞かせたりすることもあると伝え、良質な肉質とするためにさまざまな努力が行われていることを伝えた。

 続けて、「中国が神戸牛を輸入禁止としているのは、日本でBSE(牛海綿状脳症)問題が発生したため」であると指摘、神戸牛がどれだけ美味しい牛肉であっても「安全のために輸入禁止としている」と紹介した。

 一方、中国国内へ輸入を禁じられているはずの神戸牛を謳って販売するスーパーやレストランは数多く存在するという。記事は「すべて神戸牛ではなく、偽物」だと指摘し、くれぐれも騙されないよう気をつけるべきとの見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)