9月21日、東大阪市の近鉄東花園駅で、乗客対応中の車掌が突然、制服を脱ぎ捨て線路を走り出し、高架から飛び降りて重傷を負う事件が起こりました。彼の乗務する電車が別の駅の人身事故の影響で運転中止になったため降車し、ホームで乗客への状況説明などに当たっている最中であったとのこと。

近畿日本鉄道(近鉄)は「鉄道事業者として不適切な行動を引き起こし大変遺憾です。心よりお詫び申し上げます」とコメントしました。「社内規定にのっとって、車掌の処分を検討する」とも述べたそうです。その対応について、当の車掌への処分を「白紙に戻す」ことを求める署名活動がネット上で行われ、10月2日時点で5万6千件以上の署名を集めています。

本稿では、怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」の観点で、この事件を考えてみました。本件を多くの人が自身のこととして受け止め、同じようなことが発生しない一助となることを願っています。

■きっかけは乗客からの喧嘩腰のクレーム
この事件の経緯について、毎日放送(MBS)の「関西のニュース」から、車掌の言動の部分を抜粋、引用します(乗客対応中の車掌、線路を走り高架から飛び降りる 毎日放送 2016/09/21)。

「乗客6,7人に囲まれて、喧嘩腰に言われていた。駅員さん、すごいちゃんと冷静に対応したはるんだなと感じてて…」(目撃した乗客)

しかし、そうした状況が続いた直後、事態が一変します。

「プチンとキレたんでしょうね。やってられるか!こんな仕事いらんと鞄を線路に放り投げて、自分も線路に入った」

その後、制服を脱ぎ捨て線路を逃走。7m超の高架であるにもかかわらず、塀を乗り越えます。

 「ぶら下がっている状態で、上を向いて、『いややねん!もう生きてられへんねん、もういやや、辛いって』叫んでいて、落ちる瞬間が分かったので“落ちる”って言ったらぼとって落ちてしまった」(目撃した人)

車掌は乗客の喧嘩腰の態度に怒りを爆発させ逃走しました。この証言が全て事実であれば、いわゆる「逆ギレ」です。職務放棄であったことは明らかであるにもかかわらず、署名活動が多くの賛同者を集めたのは、車掌の怒りにも一理あると感じた人が多かったからと考えられます。

また、「やってられるか!こんな仕事いらん」という発言から、彼がこれまでも業務上で多大なストレスにさらされてきたであろうと、同情した人も多かったのでしょう。