全国的にはしかの感染が広がっている影響で、県内でも任意の予防接種を希望する人が増え、ワクチン不足の懸念が出始めている。医療機関には問い合わせが相次ぎ、法定の定期接種用ワクチンを調達している自治体からは「希望数の半分しか納品されない」と困惑する声も聞こえる。