付き合いたての頃は一緒にいるだけで楽しかったのに、今では心がちょっと離れてしまっているかも…。マンネリな日常を変えたいけど、どうやって変えたらいいのか分からない。

カップルならば、そんな悩みに駆られることがあるはず。一体どうすればいいのでしょうか?

婦人科の医師である葛城梨恵さんは、『美人女医の本当に気持ちのいいSEX』(データハウス刊)の中で、倦怠期のカップルこそ、積極的にスキンシップを取るべきだと言います。

カラダに触れてみる

付き合いが長くなると、少しのことで昔みたいにドキドキする機会は減ってしまうもの。そんな2人に大事にしてほしいのが「手をつなぐ」という行為。

実は、手の平は3本の神経が通っていて、カラダの中でも敏感な部位。手をつなぐことでお互いのぬくもりを感じることができますし、優しく撫でられると快感につながる性感帯とも言える場所。

出かけるときに「手をつなごうよ」と誘うのもいいですし、お家で一緒にテレビを見ているときに、さり気なく手をにぎってみるのもいいでしょう。

スキンシップのキスをする

「キス」はセックスの前戯として大事なものですが、いざセックスのときばかりにしていると、いつしかキスは「流れ作業」のひとつになってしまいます。

キスはスキンシップとしても、2人の愛情を高める効果は絶大。ちょっとした別れ際や、ふと間が空いたときなどに、「あなたが好きだよ」という気持ちで軽くキスをしてみて下さい。

流れ作業ではない「キス」はお互いを笑顔に変えて、幸せいっぱいな気持ちを与えてくれます。

アロマを焚いて非日常感を出す

マンネリとした2人の空気を手軽に変えられるのが、お香などの「アロマ」を使う方法です。

現役医師が「アロマ・セラピー」をセックスに活用する方法を書いた『Dr.チバのアロマ・セックス入門』(さくら舎刊)によると、おすすめのアロマは、イランイランとサンダルウッドのブレンド。イランイランは、「恋の媚薬」として古くから親しまれてきた歴史もあり、非常にアダルトな芳香がするといいます。

また、強い催淫作用を持っているジャスミンは、セックスレスになっている2人の“性のスイッチ”を入れる神秘的な香りです。参考にしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)