今年8月3日からスタートしたアマゾンジャパン株式会社の「Kindle Unlimited」。

月額980円で和書12万冊以上、雑誌240タイトル以上、洋書120万冊以上の電子書籍が読み放題というサービスで大きな話題を呼んだが、その一方で、一部の著者から「連絡なくラインナップに並んでいる」と抗議の声があがるなど、問題も起きていた。

そして10月3日、今度は講談社がアマゾンジャパンに対して抗議を出した。

講談社によれば、これまで1000を超える書籍や雑誌のタイトルを提供してきたが、9月30日夜以降、提供していたすべての作品が「Kindle Unlimited」から削除されてしまったという。

サービス開始後、「Kindle Unlimited」のランキング上位に並んでいた講談社提供の作品が連絡なく配信停止になる事態が発生。講談社側は抗議を続けてきたものの、状況は好転しなかった。

講談社は一連の事態に対して遺憾の意を示し、「定額のコンテンツ提供サービスの健全な発展のためにも、引き続きアマゾン社には善処を求めていく」と述べている。

(新刊JP編集部)