10月に入ってから急に寒くなり、気温の変化に戸惑っている人も多いはず。

季節の変わり目ということで、ちょっとした服装の調節に便利な「ニット」は働く女子の必須アイテムです。

「1枚も持っていない」という人は少数派なはずですが、じゃあ何枚で着回してるの?という疑問もわきます。

女性向けファッション誌『steady.(ステディ.)』(宝島社刊)は、10月7日に発売された11月号で、「ニット」をテーマとした調査を実施。

ニット

「読者1000人大調査」と題して、「現在手持ちのニット枚数は?」「いつも使うカラーは?」などの質問に対する働く女子たちの回答を発表しています。

■「現在手持ちのニット枚数は?」1位は5〜10枚

今回の調査によると、手持ちのニットの枚数として最も多かった回答は「5〜10枚」というもの。大多数の人が毎年使う定番ニットを持っていて、長く使いまわしているようです。

ニット

ちなみに、ニット1枚の予算は、1位は3,000〜5,000円、2位は5,000〜10,000円、3位は1000〜3000円となりました。

ニット

また、いつも使うニットカラーとしては「ブラック」や「オフホワイト」「グレー」といったベーシックなカラーが安定した人気を集めていますが、この秋は「ボルドー」や「キャメル」「カーキ」といったシックな色が注目されているようです。

その他、「手持ちニットランキング」や「今年の秋買いたいニットランキング」「みんなが気になるパステルカラーランキング」など、本誌ではニットに関する様々な調査結果が発表され、今秋のニットの買い足しに役立ってくれそうです。

(新刊JP編集部)