特定のパートナーがいてもいなくても、良い雰囲気になった男性と重なりたいと思うのは仕方のないことです。でも、女性の方からそんな気持ちを伝えてはしたないと思われたくはないですよね。

『決定版 オンナの【建前⇔本音】翻訳大辞典』(扶桑社刊)は、女子大生、OL、人妻など1600人への調査から、本音と建前の言葉を辞典化した本。この中から、「エッチOKサイン」の言葉を紹介しましょう。

■ この言葉でオトコはドキドキ!女から清楚に誘える常套句

女性からの口に出しても不自然ではなく、清楚さを保ったまま誘える常套手段といえば、

「ちょっと酔っちゃったかも」
「一緒にゲームやりたいな」
「家でゆっくり飲まない?」

などといった「お持ち帰りOKフレーズ」や「家行きたい発言」が鉄板でしょう。こちらも言いやすく、また相手からすれば言葉の意図を汲み取りやすい「win-win」ワードといえます。

また、少し古典的ですが、「ゴキブリが出たの〜!なんとかしてー」という女性の弱さや、「カレー作りすぎちゃったから食べに来ない?」など、女らしさを匂わせて家に誘うのもひとつの手でしょう。

■ 終電直前、オトコから「ホテル行こう」を引き出す言葉

終電間際に、このあとの行動を相手にゆだねてみるのもひとつの手です。

「もう一杯頼んでいい?」
「明日は予定あるの?」
「この後どうする?」

これらの言葉はすべて、「私はまだあなたと一緒にいたい」というメッセージを伝える言葉。「明日、早いんだろ? そろそろ帰ろう」と言われてしまったら、また次のチャンスを待ちましょう。

■ 二人きりでいるときの勝負の誘い文句

どうしても一緒に過ごしてほしいときや、絶対に一人で帰るのが嫌なときは、

「私、草食系とかダメなんだよね(と言って挑発する)」
「私、男の人の指に弱いんだ(甘えて手を重ねる)」
「ぎゅっとされたい(長めに目を見る)」

などが効果てきめん。

「草食系がダメ」というのは、暗に「早くホテルに誘ってほしい」というメッセージを伝えることができますし、オトコの手を触りながら「指に弱い」と伝えるのは、自分の弱点を相手に委ねるようなもの。

「ぎゅっとされたい」と言われて何も感じないオトコはなかなかいません。ここぞというときに使ってみるといいでしょう。

◇ ◇ ◇

本書は、浮気、不倫、婚活などのシーンにおける、男女の駆け引きフレーズ552例が紹介された本。すべてがその通りとは言えませんが、世の中の「建前」に隠された「本音」が詰まった一冊として楽しめます。

(新刊JP編集部)