美容、健康、仕事への集中力を高めるのにも大事なのが、質の高い「睡眠」です。
でも、仕事のストレスや、子育ての悩みなど、寝る前に不安なことを思い出すと、どうしても眠りは浅くなってしまうもの。

「習慣」に関する本を多数執筆している佐藤伝さんは、『幸運を引き寄せる 寝る前5分の魔法の習慣』(アスコム刊)で、寝る前5分のちょっとした習慣を実践することで、「ぐっすり眠る」方法を教えてくれます。

明日になる前に寝ること

大事なのは、「今日、寝る」「明日、起きる」このバランスを保つこと。忙しい人もそうでない人も、1日24時間は全員平等に与えられているものです。

夜中まで起きていてはホルモンバランスも崩れますし、最もパフォーマンスを発揮すべき日中に頭がぼーっとしてしまっては本末転倒です。明日の戦いのために、「今日のうち寝る」を習慣にすることが大切なのです。

「こうなりたい私」を思い浮かべる

夢をイメージすることは大事ですが、欲しいものや、したいことよりも、「こうなりたい」をイメージすることで、潜在意識にはたらきかけて、明日の自分にエネルギーを与えることができます。

迷ったとき、悩んだときに「こうなりたい私」がイメージできているかどうかで、後悔しない選択肢を選ぶことができるようになるのです。

目覚めたら、その日の気持ちを自分自身がナビゲート!

自分が発した言葉は、自身の耳から脳に入って心に働きかけるというのは有名な話ですが、朝、目が覚めたら「あー!気持ちいい!」と声に出して言ってみましょう。良い意味で脳が「騙されて」しまい、不思議と気持ちが上向いてきます。

「たのしいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ」という言葉がありますが、この習慣が身についたら、思うように自分の気持ちがコントロールできるようになるはずです。

 ◇

寝る前や、朝起きてからの「たった5分」が、毎日に栄養を与る「習慣」。試してみると意外な効果があらわれるかもしれません。

(新刊JP編集部)