現地時間9月18日、ミラノのサン・シーロで開催されたセリエA4節のインテル対ユベントス戦は、ホームチームが2-1で勝利した。
 
 ミラノ、トリノと異なる街に本拠地を置く両者だが、ステッラ(「星」の意。セリエA優勝10回の証)を最初に付けた2クラブであり、現地では「イタリア・ダービー」と呼ばれる伝統の一戦は、前半から一進一退の展開が続く。
 
 試合が動いたのは66分。ユーベがシュテファン・リヒトシュタイナーのゴールで先制する。しかしその2分後の68分には、インテルのマウロ・イカルディがヘディングで同点ゴール。そして78分には、イバン・ペリティッチが再び頭で逆転弾を叩き込んだ。
 
 91分にエベル・バネガが退場になり最後は10人になったインテルだが、ゴンサロ・イグアインやマルコ・ピアツァを投入してきたユーベの猛攻をなんとか耐え抜き、セリエAでは4年ぶりとなるイタリア・ダービー勝利を飾った。
 
 この熱戦をサッカーダイジェスト特派カメラマンによるオリジナル写真で振り返る。
 
【PHOTOギャラリーを見る】