「規格外ですし、アンタッチャブルな選手ですよね」
 
 桐光学園を率いる鈴木勝大監督がこう言及するのは、今季の主将であるタビナス・ジェファーソンについてだ。
 
 昨年、小川航基(現・ジュビロ磐田)やイサカ・ゼイン(現・桐蔭横浜大学)らを擁したチームの中で、左SBとして活躍した彼はガーナ人の父親とフィリピン人の母親を持ち日本で育ったという異色の経歴の持ち主。182センチというSBにしては十分に恵まれた体格を持つだけでなく、ストライドの長さと一瞬のスピードで相手を置き去りにするプレーを武器とする。ちなみに身長は「まだ1年に1センチずつくらい伸びている」(本人談)とのこと。
 
「左サイドからグッと入っていく力強さはこの年代でもすごい」と鈴木監督が絶賛すれば、ジェファーソン本人も「スピードに乗れば、高校年代では(抜いて)行けなければいけないと思いますし、突破できないようじゃこの先はない」と語るように、いわゆる同年代での対戦では簡単に彼を止められる選手はほとんどおらず、“分かっていても止められない”選手の代表格と言えるだろう。
 
 彼の卓越したアジリティとスピードは守備時にも発揮される。課題に挙げられるポジショニングは、お世辞にも良いとは言えないのだが、自らの2、3メートル前でスピードを乗ったドリブルをしている相手選手にも平気で追いつき、簡単にボックス内で仕事をさせることはない。その身体能力は、文字通り別格だ。
 
 とはいえ彼の中ではこれが明確な課題でもある。このプレーを賞賛してみると「逆にそこがダメだと思うんですよね。(正確な守備位置を取ることを)怠ってしまうこともあるので」と、多少の位置取りのミスもカバーできてしまう自身の能力の高さにはある種の弊害があり、そこが悩みでもあるという旨を語ってくれた。
 
 だが、それもまた伸びシロであるとポジティブに捉えても良い。なにせ彼の武器は前述したように攻撃で発揮されるものであり、欠点を補って余りあるほど。そして、この長所は上の世代との試合でも十分に通用していると鈴木監督も証言する。
「大学生との練習試合を見ると(普段より)もっとすごい。彼のストロングポイントがまざまざと見える。そのへんが彼の恐ろしさなのかなと」
 
 当然、この逸材をJクラブが放っておく訳がない。FC東京、磐田、G大阪などがジェファーソンに触手を伸ばし、桐光学園が試合を行なう会場にはそれぞれのクラブのスカウトが足を運んで試合後に彼と話すという光景が通例となっていた。そんな中で彼が進む先は桐光学園にほど近い場所に練習場を構える、川崎になりそうだ。
 
 一部メディアでもこの川崎への内定が報じられていたが、直近のプリンスリーグを視察に来ていた強化部関係者が、川崎の向島建氏と伊藤宏樹氏の2人だけであったことからも、現在J1の年間首位チームに加入することは確実と言えるだろう。
 
「ただ(Jクラブに)入ることが目的ではなく、半年以内にはA契約を結びたい。でも、自分の一番の大きな夢はプレミアリーグに行くこと。Jリーグはその準備だと思っています」
 
 ジェファーソン本人は高校卒業後の目標をこう語っていたが、川崎で定位置を獲得するのは簡単ではない。車屋紳太郎や登里享平というスピードを武器に縦への突破を得意とするライバルがいるだけでなく、特異なサッカーをする川崎というチームの水に慣れるには時間を要する。すぐに彼らに取って代わる存在になれるほど、甘くないことは明白だ。
 
 ただ、前述の高い目標がある一方で、思い描く道が簡単ではないことは、もちろん本人も心得ている。
「高卒でJリーグに入って、簡単にやれるほど甘い世界じゃないと思います。でも、どのレベルに行っても自分のストロングポイントを通用できるようにしないと」
 
 とにかく自分の強みを前面に押し出してプロの世界で戦う覚悟を決めている。鈴木監督が語っていたように、上の年代との対戦でも自らの強みが通用したという経験が、そうした決意につながっているのは確かだろう。
 
 現段階では、Jの舞台でどこまで通じるかは測りかねるが、圧倒的な存在感を同年代の試合で見せる一方、時折露わになる粗さが、さらなる成長の可能性を感じさせてくれる。突出した能力があるものの未完成であることも明らか。だからこそ、大きな期待をかけたいと思う。
 
 20歳を迎えた暁には、現在のフィリピンから日本国籍へ変更することを彼は宣言した。2020年の東京五輪での“代表入り”に対して「チャレンジしていきたい」と言ったのだ。こんな逸材が、自分の生まれ育った国の代表となって自国開催の五輪に出る可能性があるのだ。高揚感を抑えるのも、無理な話である。
 
取材・文:竹中玲央奈(フリーライター)