クラブ内で監督と衝突した鹿島アントラーズの金崎夢生に対し、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は無期限で代表から追放する話をほのめかした。チームの和を重視しての判断とはいえ、ワールドカップアジア2次予選で結果を残していたアタッカーの不在はプラスではない。この判断は妥当なのか。スポーツライターの二宮寿朗氏に見解を伺った。
(『サッカーダイジェスト』9月22日号74・75ページ「THE JUDGE」より抜粋)
 
――◆――◆――
 
 交代時に石井監督との握手を拒否し、激高して詰め寄ろうとする。スタッフが間に入って制止しなければならないほどの激しさだった。

 金崎がなぜそこまで激高したのか理由は明らかになっていないものの、このピッチ外で起きたニュースは多くのメディアに大きく取り上げられた。いかなる理由があろうとも、彼の行為は良くない。

 ハリルホジッチ監督が「彼の態度は受け入れがたい」として代表招集を見送ったことについて、私は支持する。社会に対する日本代表の影響度を考えても、プロ選手として相応しくない態度だった。
 
 そして、一致団結してロシア・ワールドカップのアジア最終予選に向かおうとするなかで、同じようなことが「代表で起きない」とは言い切れない。そうなってしまえばチーム全体の士気に影響が及ぶ可能性が少なからずあるということだ。最終予選に臨むにあたり、負の要素となるべきものは一切排除しておきたいという指揮官の妥協なき姿勢は十分に理解できる。その意味で、ハリルホジッチ監督の判断を「是」とした。
 
 しかし、?無期限?というのはあくまで「期限を決めない」だけであって、「永久追放」の意味合いではないとも解釈している。すべては今後の姿勢次第ということではないだろうか。バチバチのファイトを厭わず、まさにデュエルを体現する金崎の熱さを評価してきたのも、ハリルホジッチ自身である。招集見送りは、「その噴き出る熱さを自分のなかでコントロールせよ」というメッセージだと思えてならない。
 
 金崎の行為は明らかに行き過ぎではある。しかし罪を犯したわけでも、チームの決め事を破るルール違反をしたわけでもない。言わば、不文律を破った形ではあるが、しっかりと反省して「悔い改めよ」ということではないだろうか。
 こういった出来事を契機に、選手が成長を遂げていくケースもある。私は長らく日本代表のCBを務めてきた松田直樹のことを思い出した。松田は熱血漢を地で行くタイプで、周りと衝突することがよくあった。
 
 1998年11月、アルゼンチンU― 21代表との試合で出番のなかった松田はふてくされた態度を取り、サポーターに挨拶する列にも加わらなかった。当時、A代表とU― 21代表の監督を兼任していたトルシエに宿舎で呼び出され、「お前がいるとチームのためにならないから帰ってくれ」と言われると、彼は本当に帰ってしまった。翌年9月の韓国合宿でも控えの扱いに納得できず、「マリノスで練習したいから」と申し出て、 途中で帰国してしまう。呆れ果てたトルシエから「今後もう代表には呼ばないぞ」と?追放?を突きつけられている。
 
 その後はどうなったか。それでもトルシエは松田を厳しくも温かく見守り、成長を感じるや2000年2月のカールスバーグ杯に臨むA代表のメンバーに入れた。すると松田はこれまでの態度を改め、指揮官の思いに応えようとしたのだ。やんちゃさは残ったままではあったものの、その年のアジアカップ・レバノン大会で優勝すると「監督に少しだけでも恩返しができた」とトルシエに深く感謝したことを覚えている。
 
 金崎はハリルホジッチ監督に直接楯突いたわけではない。だが、指揮官はそう見ていない。A代表に相応しくない態度で呼べなくなったことを、自分やチームに対しての裏切り行為だと捉えている。その怒りは相当なものだと窺える。10月や11月に解けるとはとても思えない。
 
 金崎は絶対にA代表に戻るべき選手だ。彼が行動を起こさなければ事態は変わらない。いつ復帰できるかは、本人次第と言えるだろう。ハリルホジッチ監督は、きっと厳しくも温かく見ているはずである。