9月18日/14:04/本城/2,434人
北九州 0-1 C大阪
前半 0-0
後半 0-1
得点者/北九州=なし C大阪=杉本(79分)
 
【採点理由】
MOMの杉本はケガを抱えながらも連係の中から決勝点。北九州は中盤が機能した一方で、最後の決定力には課題を残した
 
【チーム採点】
北九州 5.5
C大阪 6
 
【MAN OF THE MATCH】
杉本健勇(C大阪)
 
【北九州|選手採点】
GK
1 阿部伸行 6
 
DF
3 星原健太 5.5
6 西嶋弘之 5.5
28 福田俊介 6
19 川島大地 6
 
MF
7 風間宏希 6
24 新井純平 6
10 小手川宏基 6
11 井上翔太 6(81分OUT)
 
FW
43 本山雅志 6(72分OUT)
9 原 一樹 5.5(67分OUT)
 
交代出場
FW
22 小松 塁 6(67分IN)
 
MF
18 内藤洋平 6(72分IN)
 
FW
22 ロドリゴ −(81分IN)
 
監督
柱谷幸一 5.5
 
【C大阪|選手採点】
GK
21 キム・ジンヒョン 6
 
DF
4 藤本康太 6
5 田中裕介 6
15 松田 陸 6
23 山下達也 6
 
MF
6 ソウザ  5.5
14 丸橋祐介 6.5
17 酒本憲幸 5.5(60分OUT)
24 山村和也 6(HT OUT)
41 山口 蛍 6.5
 
FW
20 玉田圭司 6(72分OUT)
 
交代出場
MF
18 清原翔平 6(46分IN)
 
FW
9 杉本健勇 7(60分IN)
 
FW
11 リカルド・サントス 5.5(72分IN)
 
監督
大熊 清 6
 
取材・文:上田真之介(フリーライター)
 
******************
 
9月18日/16:03/フクアリ/10,036人
千葉 1-1 山口
前半 0-0
後半 1-1
得点者/千葉=エウトン(65分) 山口=中山(90+2分)
 
【採点理由】
MOMは土壇場で同点弾を決めた中山。途中出場から中山のゴールをアシストした岡本にも「6.5」を付けた。千葉は5バックで逃げ切りを図るも失敗。ただ、多くのチャンスに絡み先制ゴールも挙げたエウトンは高く評価した。
 
【チーム採点】
千葉 5.5
山口 6
 
【MAN OF THE MATCH】
中山仁斗(山口)
 
【千葉|選手採点】
GK
23 佐藤優也 6
 
DF
33 丹羽竜平 5.5
20 若狭大志 5.5
3 近藤直也 5.5
13 比嘉祐介 6
 
MF
4 北爪健吾 5.5(66分 OUT)
15 富澤清太郎 5.5
10 長澤和輝 6
 
FW
11 船山貴之 5.5(74分 OUT)
9 エウトン 6.5(84分 OUT)
14 町田也真人 6

交代出場
MF
8  井出遥也 5.5(66分 IN)
 
DF
17 大久保裕樹 5.5(74分IN) 
 
FW
19  オナイウ阿道 −(84分IN)

監督
長谷部茂利 5.5

【山口|選手採点】
GK
30 村上昌謙 5.5
 
DF
4 小池龍太 5.5
33 北谷史孝 5.5
2 宮城雅史 5.5(HT OUT)
3 香川勇気 5.5
 
MF
10 庄司悦大 6
11 鳥養祐矢 5.5(74分OUT)
6 望月嶺臣 5.5(71分OUT)
8 島屋八徳 6
7 福満隆貴 5.5 

FW
32 中山仁斗 6.5
 
交代出場
DF
2 廣木雄磨 5.5(HT IN)


MF
17 加藤大樹 5.5(71分IN)
 
FW
50 岡本英也 6.5(74分IN)
  
監督
上野展裕 6
 
******************
 
9月18日/16:03/味フィ西/3,347人
東京V 3-2 讃岐
前半 1-1
後半 2-1
得点者/東京V=D・ヴィエイラ2(23分・84分)、高木善(67分) 讃岐=木島徹(21分)、藤井(76分)
 
【採点理由】
東京Vが讃岐との打ち合いを3-2で制した。MOMは果敢なドリブルで攻撃陣を牽引した高木善。ゴール左隅を射貫いた2点目、PK奪取で勝利に貢献した。讃岐はボランチの永田を攻撃の起点に、ミゲル、木島徹がカウンターを仕掛けたが、最後は決め手の差で東京Vに屈した。
 
【チーム採点】
東京V 6.5
讃岐 6
 
【MAN OF THE MATCH】
高木善朗(東京V)
 
【東京V|選手採点】
GK
31 鈴木椋大 5.5
 
DF
19 大木 暁 6.5
3 井林 章 6
5 平 智広 6
6 安在和樹 6
 
MF
11 南 秀仁 5.5(64分OUT)
8 中後雅喜 6
9 アラン・ピニェイロ 5.5(80分OUT)
32 二川孝広 6(88分OUT)
10 高木善朗  6.5
 
FW
17 ドウグラス・ヴィエイラ 6.5
 
交代出場
MF
20 井上潮音 6.5(64分IN)
 
MF
14 澤井直人 −(80分IN)
 
MF
23 田村直也 −(88分IN)
 
監督
冨樫剛一 6
 
【讃岐|選手採点】
GK
1 清水健太 5.5
 
DF
30 エブソン 5
14 アラン 5(70分OUT)
9 我那覇和樹 5(71分OUT)
 
MF
23 西 弘則 5.5
10 高木和正 5.5
7 永田亮太 6
11 馬場賢治 6
2 小澤雄希 5.5
 
FW
13 木島徹也 6(84分OUT)
18 ミゲル 6
 
交代出場
MF
20 荻野広大 5.5(70分IN)
 
DF
3 藤井航大 6.5(71分IN)
 
FW
33 木島良輔 −(84分IN)
 
監督
北野 誠 6
 
取材・文:海江田哲朗(フリーライター)
9月18日/16:04/アイスタ/10,098人
清水 2-1 水戸
前半 0-0
後半 2-1
得点者/清水=松原(85分)、ビョン・ジュンボン(90+5分) 水戸=山村(66分)
 
【採点理由】
先制するまでは水戸の思惑通りに進んだが、土壇場で清水が底力と勢いを発揮して逆転勝ち。水戸はセットプレーからの2失点に泣いたが、やるべきことは清水以上にできており、個々の採点で両者の差は小さい。MOMはCKで2アシストした大前も有力だが、やはり最後の最後で決めきったビョン・ジュンボンに。
 
【チーム採点】
清水 6.5
水戸 6
 
【MAN OF THE MATCH】
ビョン・ジュンボン(清水)
 
【清水|選手採点】
GK
43 植草裕樹 6
 
DF
16 六平光成 6
15 ビョン・ジュンボン 7
45 角田 誠 6
25 松原 后 6.5
 
MF
17 河井陽介 6.5
20 竹内 涼 6(79分OUT)
22 枝村匠馬 5.5(25分OUT)
39 白崎凌兵 6
 
FW
30 金子翔太 5.5(64分OUT)
9 鄭 大世 5.5
 
交代出場
MF
11 村田和哉 6(25分IN)
 
MF
10 大前元紀 7(64分IN)
 
FW
18 長谷川 悠 5.5(79分IN)
 
監督
小林伸二 6
 
【水戸|選手採点】
GK
21 笠原昂史 6
 
DF
2 田向泰輝 6.5
24 細川淳矢 6
33 福井諒司 6(85分OUT)
22 内田航平 5.5
 
MF
7 兵働昭弘 6
8 ロメロ・フランク 6.5
18 白井永地 6
19 山村佑樹 6.5(73分OUT)
 
FW
26 佐藤和弘 5.5
34 平松 宗 6(80分OUT)
 
交代出場
MF
14 佐藤 祥 5.5(73分IN)
 
FW
37 久保裕一 −(80分IN)
 
DF
20 今瀬淳也 −(85分IN)
 
監督
西ヶ谷 隆之 6
 
******************
 
9月11日/18:05/ピカスタ/2,419人
横浜FC 2-0 京都
前半 1−0
後半 1−0
得点者/横浜FC=イバ(13分・58分) 京都=なし
 
【採点理由】
PKを2本ストップして完勝に導いた南が殊勲のMOM。良くも悪くも淡々とプレーしていた京都は全体的に低評価とした。
 
【チーム採点】
横浜FC 6.5
京都 5.5
 
【MAN OF THE MATCH】
南 雄太(横浜FC)
 
【横浜FC|選手採点】
GK
18 南 雄太 7
 
DF
5 西河翔吾 6.5
15 市村篤司 6
22 永田拓也 6
28 藤井悠太 6
 
MF
6 中里崇宏 6
8 佐藤謙介 6.5
13 野崎陽介 6(69分OUT)
16 野村直輝 6(84分OUT)
 
FW
9 津田知宏 5.5(79分OUT)
14 イバ 7
 
交代出場
DF
27 楠元秀真 5(69分IN)
 
MF
10 寺田紳一 −(79分IN)
 
FW
39 大久保哲哉 −(84分IN)
 
監督
中田仁司 6.5
 
【京都|選手採点】
GK
1 菅野孝憲 5.5
 
DF
2 菅沼駿哉 5.5
3 染谷悠太 5.5
6 本多勇喜 5.5
24 内田恭平 6(88分OUT)
 
MF
8 アンドレイ 6
11 堀米勇輝 6
14 山瀬功治 5(69分OUT)
22 佐藤健太郎 5.5
 
FW
10 エスクデロ  5.5
29 沼 大希 5(60分OUT)
 
交代出場
FW
17 有田光希 5.5(60分IN)
 
FW
36 キロス 5.5(69分IN)
 
FW
9 ダニエル・ロビーニョ ―(88分IN)
 
監督
石丸清隆 5.5
 
******************
 
9月18日/18:04/NDスタ/4,772人
山形 2-1 徳島
前半 2-1
後半 0-0
得点者/山形=ディエゴ(11分)、アルセウ(41分) 徳島=大崎(23分)
 
【採点理由】
 先制点を奪った山形は早い時間帯で同点に追いつかれたが、すかさず突き放せたことが大きい。後半は押し込まれる展開が続くも、FWの林やディエゴも含めた全員が身体を張ったディフェンスで凌ぎ切って勝利した。山形は選手全員の守備面での貢献度が高く、平均して高めの採点にした。
 
 一方の徳島は大崎の突破力や両WBの怖さはあり、後半も押し込み続けたが同点ゴールを奪うまでの精度はなく、全体的に低めの採点となった。MOMは貴重な先制点を決め、献身的な守備も光っていたディエゴを選出した。
 
【チーム採点】
山形 6.5
徳島 5.5
 
【MAN OF THE MATCH】
ディエゴ(山形)
 
【山形|選手採点】
GK
31 富居大樹 6.5
 
DF
3 渡辺広大 6.5
4 宇佐美宏和 6.5
6 山田拓巳 6.5
15 栗山直樹 6
 
MF
5 アルセウ 7
7 松岡亮輔 6.5
10 伊東 俊 6(88分OUT)
11 ディエゴ 7
17 鈴木雄斗 6.5
 
FW
8 林 陵平 6.5
 
交代出場
DF
13 石川竜也 ‐(88分 IN)
 
監督
石?信弘 6.5
 
【徳島|選手採点】
GK
31 長谷川徹 6
 
DF
2 福元洋平 5.5
4 藤原広太朗 6
5 石井秀典 5.5
 
MF
6 カルリーニョス 6.5
7 木村祐志 5.5(78分OUT)
8 岩尾 憲 6
10 大崎淳矢 6.5(63分OUT)
19 内田裕斗 6
22 広瀬陸斗 6
 
FW
18 佐藤晃大 5.5(68分OUT)
 
交代出場
FW
17 山崎凌吾 5.5(63分IN)
 
FW
16 渡 大生 6(68分IN)
 
MF
11 キム・キョンジュン -(78分IN)
 
監督
長島裕明 6
 
取材・文:嶋 守生(フリーライター)
9月18日/18:04/石川西部/2,076人
金沢 1-2 町田
前半 0-1
後半 1-1
得点者/金沢=山?(66分) 町田=仲川(17分)、中村(69分)
 
【採点理由】
金沢の金子は後半開始から出場し、リズムを作ったが勝点には結びつけられず。町田の仲川は、スピードを生かしてチャンスをものにした。
 
【チーム採点】
金沢 5
町田 6
 
【MAN OF THE MATCH】
仲川輝人(町田)
 
【金沢|選手採点】
GK
31 原田欽庸 5.5
 
DF
4 小柳達司 5.5
3 作田裕次 5(HT OUT)
5 太田康介 5
18 野田紘史 5.5(75分OUT)
 
MF
23 馬渡和彰 5.5
40 秋葉 勝 5.5
8 山藤健太 5.5
38 中美慶哉 5
 
FW
10 熊谷アンドリュー 5.5
30 山?雅人  6(80分OUT)

交代出場
FW
14 金子昌広 5.5(HT IN)
 
MF
11 古田寛幸 5.5(75分IN)
 
FW
39 ダビ −(80分IN)
 
監督
森下仁之 5.5
 
【町田|選手採点】
GK
21 ?原寿康 6
 
DF
10 土岐田洸平 6
3 畠中槙之輔 6
37 カルフィン・ヨン・ア・ピン 6
19 松本怜大 6(89分OUT)
 
MF
11 中村祐也 6.5(84分OUT)
6 李 漢宰 6
29 森村昂太 6.5
8 谷澤達也 6
 
FW
30 中島裕希 6.5
25 仲川輝人 6.5(90+5分OUT)

交代出場
MF
39 重松健太郎 −(84分IN)
 
DF
16 有薗真吾 −(89分IN)
 
FW
38 久木野聡 −(90+5分IN)
 
監督
相馬直樹 6
 
******************
 
9月18日/19:04/正田スタ/9,804人
群馬 1-1 松本
前半 1-0
後半 0-1
得点者/群馬=瀬川(14分) 松本=パウリーニョ(59分)
 
【採点理由】
エンターテインメント性のある好ゲームだった。序盤からハイプレスを仕掛けた群馬は、松本を苦しめたが後半に失速。キャッチミスで同点弾を許した清水を厳しく採点した。後半に強さをみせた松本では、同点となるミドルシュートを決めたパウリーニョらに及第点をつけた。
 
【チーム採点】
群馬 6.5
松本 5
 
【MAN OF THE MATCH】
乾 大知(群馬)
 
【群馬|選手採点】
GK
1 清水慶記 5
 
DF
2 舩津徹也 5
5 乾 大知 6 
24 高瀬優孝 5.5(90+6分OUT)
 
MF
6 小林竜樹 5.5(62分OUT)
8 パク・ゴン 6
25 山岸祐也 5.5(75分OUT)
26 瀬川祐輔 6
30 松下裕樹 6
32 中村 駿 6
 
FW
13 高橋駿太 6
 
交代出場
MF
15 吉濱遼平 5(62分IN)
 
FW
38 イ・ガンウ 5.5(75分IN)
 
DF
4 坪内秀介 −(90+6分IN)
 
監督
服部浩紀 5.5
 
【松本|選手採点】
GK
1 シュミットダニエル 5.5
 
DF
3 田中隼磨 5.5
11 喜山康平 5.5
4 飯田真輝 5.5
18 當間建文 5
 
MF
5 岩間雄大 6
20 石原崇兆 6
23 工藤浩平 5.5(82分OUT)
14 パウリーニョ 6
 
FW
19 山本大貴 5.5
29 高崎寛之 5.5(79分OUT)
 
交代出場
FW
39 三島康平 −(79分IN)
 
FW
8 ウィリアンス −(82分IN)
 
監督
反町康治 5.5
 
取材・文:伊藤寿学(フリーライター)
 
******************
 
9月18日/19:00/長良川/3,549人
岐阜 2- 1 愛媛
前半  0-1
後半  2-0
得点者/岐阜=阿部(53分)、レオナルド・ロシャ(90+3分) 愛媛=阪野(2分)
 
【採点理由】
愛媛は開始早々に先制したが退場者を出す。しかし残り80分以上を10人で乗り切り勝ち点1までもう少しだった。岐阜はシュートを愛媛の2倍以上放つも決めきれず。ぬかるんだピッチを感じさせない技術を見せたレオナルド・ロシャが、最後はインスイングのキックでCKを直接ねじ込み、試合を終わらせた。
 
【チーム採点】
岐阜 6.5
愛媛 6
 
【MAN OF THE MATCH】
レオナルド(岐阜)
 
【岐阜|選手採点】
GK
21 高木義成 6
 
DF
2 阿部正紀  6.5
30 田代雅也 6
35 磐瀬 剛 6
20 鈴木 潤 6
 
MF
37 崔 誠根 5.5(87分OUT)
15 田森大己 6
5 青木 翼  6.5(74分OUT)
 
FW
9 エヴァンドロ 6
24 難波宏明 6(63分OUT)
33 レオミネイロ 6.5
 
交代出場
DF
4 岡根直哉 6(74分IN)
 
MF
10 レオナルド・ロシャ  7(63分IN)
 
MF
6 ?地系治  —(87分IN)
 
監督
吉田恵  6.5
 
【愛媛|選手採点】
GK
1 児玉 剛 5.5
 
DF
2 浦田延尚 5.5
15 茂木力也 6
23 林堂 眞 5.5
 
MF
8 小島秀仁 6
9 安田晃大 6.5(58分OUT)
11 表原玄太 6(10分OUT)
14 白井康介 6
39 内田健太 6
 
FW
10 瀬沼優司 6
17 阪野豊史 6(90+2分OUT)
 
交代出場
DF
6 三原向平 5.5(10分IN)
 
MF
5 藤田息吹 6(58分IN)
 
DF
22 深谷友基 —(90+2分IN)
 
監督
木山隆之 6
9月18日/19:03/うまスタ/4,404人
熊本 0-0 岡山
前半 0-0
後半 0-0
得点者/熊本=なし 岡山=なし
 
【採点理由】
序盤から岡山がボールを握って熊本を押し込む展開。しかし熊本は最終ラインでよく跳ね返した。攻撃ではお互いにミスが目立つ中、後半に入って迎えた決定機は熊本の佐藤、岡山の中林と両GKが防ぎゴールを割らせない。熊本の清武が迎えた後半の決定機を抑えたGK中林をMOMに選出。
 
【チーム採点】
熊本 6
岡山 5.5
 
【MAN OF THE MATCH】
中林洋次(岡山)
 
【熊本|選手採点】
GK
30 佐藤昭大 6.5
 
DF
4 園田拓也 5.5
15 小谷祐喜 6
5 植田龍仁朗 6
22 上原拓郎 5.5
 
MF
8 高柳一誠 5.5(82分 OUT)
14 キムテヨン 5.5
38 上村周平 6(87分OUT)
 
FW
41 菅沼 実 5.5
10 清武功暉 5.5
39 嶋田慎太郎 5.5(64分OUT)
 
交代出場
MF
20 八久保颯 5.5(64分IN)
 
MF
6 村上 巧 —(82分IN)
 
FW
36 巻誠一郎 —(87分IN)
 
監督
清川浩行 5.5
 
【岡山|選手採点】
GK
1 中林洋次 7
 
DF
39 篠原弘次郎 5.5
35 岩政大樹 5.5
6 竹田忠嗣 6
 
MF
21 加地 亮 5.5
5 渡邉一仁 5.5
10 矢島慎也 5.5
19 片山瑛一 6
 
FW
14 押谷祐樹 5.5(75分 OUT)
24 赤嶺真吾 5.5
7 伊藤大介 5.5(82分OUT)
 
交代出場
FW
30 豊川雄太 6(75分IN)
 
FW
20 藤本佳希 —(82分IN)
 
監督
長澤 徹 6
 
******************
 
9月18日/19:33/トラスタ/7,298人
長崎 0-0 札幌
前半 0-0
後半 0-0
得点者/長崎=なし  札幌=なし
 
【採点理由】
初となるCB中央で終始落ち着いたプレーを披露した村上をMVPに選出。ミスなくプレーしたGK大久保も高評価。守勢に回った札幌はGKク・ソンユンを除き厳しい評価となった。
 
【チーム採点】
長崎 6
札幌 5
 
【MAN OF THE MATCH】
村上佑介(長崎)
 
【長崎|選手採点】
GK
1 大久保択生 6.5
 
DF
3 チョ・ミヌ 6
27 村上佑介 6.5
2 坂井達弥 6
 
MF
15 岸田翔平 6(71分OUT)
16 田中裕人 6.5
13 パク・ヒョンジン 6
22 宮本航汰 5.5
23 梶川諒太 6(87分OUT)
 
FW
9 永井 龍 5.5
8 木村 裕 6(73分OUT)
 
交代出場
MF
20 中村慶太 6.5(71分IN)
 
MF
33 白 星東 6(73分IN)
 
FW
32 畑 潤基 ―(87分IN)
 
監督
高木琢也 6.5
 
【札幌|選手採点】
GK
25 ク・ソンユン 6.5
 
DF
15 菊地直哉 6
4 河合竜二 5.5
24 福森晃斗 5.5
19 石井謙伍 5.5
 
MF
16 前 寛之 6
20 上里一将 5.5(90+1分OUT)
31 堀米悠斗 5.5(81分OUT)
11 ヘイス 6
 
FW
9 都倉 賢 6
13 内村圭宏 5.5(64分OUT)
 
交代出場
MF
7 ジュリーニョ 6(64分IN)
 
MF
44 小野伸二 −(81分IN)
 
MF
28 神田夢実 −(90+1分IN)
 
監督
四方田修平 5.5
 
取材・文:藤原裕久(フリーライター)