今夏にガンバ大阪からアウクスブルクに完全移籍し、自身にとって二度目のドイツ挑戦をスタートさせたのだが、宇佐美貴史だ。
 
 しかし、ここまでの公式戦5試合(ブンデスリーガが1試合、DFBカップが1試合)で、ディルク・シュスター監督から声が掛かったのはわずか1回。その唯一のプレー機会であるヴォルフスブルク戦(ブンデス開幕戦)は、終盤の81分からピッチに入ったが、ロングボールが行きかう展開で持ち味を十二分に発揮できぬまま、試合終了の笛を聞くこととなってしまった。
 
「試合に出られたというところはポジティブに捉えて、自分のチーム内での序列というものを上げていかなければならない」
 
 試合後にはそう語っていた宇佐美。この段階では「少しずつ出場機会が増え、チーム内における存在感を徐々に高めていけるのではないか」という展望を抱いていたのだろう。サポーターからもペナルティーエリア付近で違いを生み出す選手として期待されていた。
 
 さらにシュスター監督も、宇佐美が加入した当時は、「アシストだけではなく、ゴールを決めるクオリティーを持っている。DFBカップのラーベンスブルク戦(8月19日)でトップコンディションになるように、十分な時間を与えるつもりだ」と話していた。しかし、そのラーベンスブルク戦も結局、出場機会は訪れなかった。
 
 そもそも、シュスター監督は宇佐美のようなドリブラータイプをどのように起用するつもりなのか、まだ見えてこない。
 
 出場機会に恵まれていないのは宇佐美だけではない。今夏の移籍市場閉鎖ギリギリにホッフェンハイムから獲得したジョナタン・シュミッドも、同じくベンチウォーマーに甘んじている。シュミッドは宇佐美と同じくサイドを主戦場とするスピードが武器のアタッカーだ。
 
 しかし、シュスター監督がいま志向するスタイルの中で、宇佐美やシュミッドが必要なのか懐疑的にならざるをえないというのが、現時点での見解となる。
 
 現在のアウクスブルクで攻撃時にポイントとなっているのが、CBやボランチから対角線上に位置する選手へのロングボールだ。開幕から左サイドアタッカーで先発起用されたブラジル人のカイウビは、そのターゲットとして機能。さらに独力でシュートまで持ち込める打開力を兼ね備える。
 
 そのカイウビが負傷離脱した時は代役候補として宇佐美の名前がドイツ・メディアで上がっていたものの、実際に3節と4節でピッチに立ったのはやはり強靭でヘディングに強いチ・ドンウォンだった。
 
 宇佐美には一向に声が掛からなかった。
 昨シーズンはダルムシュタットという降格筆頭候補を見事残留に導き、『キッカー』誌が選ぶ年間最優秀監督にも選ばれたシュスターは、最小の力でも最大の成果を挙げられる手腕に定評がある。
 
「自分たちの強みに集中して取り組む。ミスを最小限に抑え、攻守の切り替えの早さを高めて成功に持ち込む」
 
 そう語るシュスターが志向するのは、チーム一丸となった守備で相手の攻撃を跳ね返して辛抱強く戦いながら、素早い切り替えで敵陣の手薄なポジションにボールを運んで隙を見逃さずにゴールを陥れる、現実的かつ組織的なサッカーだ。
 
 とはいえ、新しいチームでいきなりすべてが思い通りに運べるほど簡単なものではない。まずは確固たるベースを築き上げるのが必要不可欠。それが出来上がるまでは、大きな博打は打たないつもりなのかもしれない。
 
 とはいえ、ロングボール一辺倒で得点を挙げ、ブンデスリーガで勝点を積み重ねていくことは現実的に難しい。そのことはシュスター自身も分かっているはずだ。宇佐美やシュミッドのように単独で変化をもたらせる選手が必要なのは言うまでもない。
 
 しかし、変化をもたらす選手がメリットとなりうるには、「守備戦術を含めて運動量とボディーコンタクトが強調されるチームの戦い方を壊さない」という条件が満たされるべきなのは、また当然だ。
 
 相手を揺さぶるために起用した選手が、不用意なボールロストで味方を混乱に陥れるよう事態は許されない。韓国代表のク・ジャチョルが2列目の主力を担えているのは、そうしたチーム戦略に合致する存在だからだ。
 
 宇佐美にいま求められるのは、まず腐らずに虎視眈々と自分を磨くこと。そして何より、高頻度でチャンスを作り出せるだけの強力な状況打開力があることを証明していくと同時に、チーム戦術と戦略を把握してハイインテンシティーで攻守に絡めるようになることだ。
 
 その課題を克服できれば、今後は少しずつ出場機会が増えていくことだろう。
 
文:中野吉之伴
 
【著者プロフィール】
ドイツ・フライブルク在住の指導者。2009年にドイツ・サッカー連盟公認のA級コーチングライセンス(UEFAのAレベルに相当)を取得。SCフライブルクでの研修を経て、フライブルガーFCでU-16やU-18の監督、FCアウゲンのU-19でヘッドコーチなどを歴任。2016-17シーズンからFCアウゲンのU-15で指揮を執る。1977年7月27日生まれ、秋田県出身。