[J1第2ステージ13節]柏1-0甲府/9月25日/日立柏サッカー場
 
【チーム採点・寸評】
柏 6
前半から主導権を握ったが、ボールを回すのみでなかなか甲府の堅守を崩せなかった。それでも、セットプレーからD・オリヴェイラのゴールでリードすると、終盤のピンチを切り抜け、勝点3を獲得した。

【柏 1-0 甲府 PHOTO】D・オリヴェイラの一発で柏が首位戦線に踏み止まる 

【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 7
39分にダヴィのヘッドを横飛びでファインセーブ。終盤には2本のシュートを立て続けにストップし、チームを勝利に導いた。まさに守護神と呼ぶに相応しい活躍だった。
 
DF
4 中谷進之介 6.5
丁寧なビルドアップと的確なラインコントロールが光った。CK時には前線に上がり、空中戦で強さを発揮した。
 
6 山中亮輔 5.5
第1ステージ・11節以来の先発出場。積極的に突破を仕掛ける姿勢は見られたものの、かわし切れない場面が目立った。また判断が遅く、パスの出しどころに戸惑う姿も。
 
8 茨田陽生 5.5
後方からのクロスも少なく、守備でも盛田の身体の強さに苦戦。トラップをミスするなど、やや安定感に欠けていた。
 
29 中山雄太 6
正確なポジショニングでパスカット。ボールロストからピンチを招くシーンも見られたが、それ以外は安定した守備で無失点に貢献した。
 
MF
17 秋野央樹 6.5
中盤の底からロングパスでゲームを作った。前線や最終ラインにまで顔を出し、広範囲に渡ってのカバーリングも光った。
 
19 中川寛斗 6.5(89分OUT)
精力的にボールを引き出すだけでなく、裏へ抜け出す動きで攻撃に勢いをもたらした。攻撃でも、縦横無尽にチェイシングを仕掛けていた。
 
25 小林祐介 6
不用意なタックルでイエローカードをもらったのは余計だったが、球際での強さを発揮して、こぼれ球を拾い、攻撃に厚みをもたらしていた。
FW
11 ディエゴ・オリヴェイラ 7(90+3分OUT)
当たりの激しい相手ディフェンスに苦戦し、前半はほとんどゴールに迫れなかった。しかし、64分にCKからこぼれ球を叩き込み、決勝点を挙げる大仕事を果たした。
 
14 伊東純也 6.5(81分OUT)
前半は守備網にかかり、持ち味をなかなか出せなかったが、後半にギアチェンジ。圧倒的なスピードで、右サイドから再三チャンスを演出。気持ちのこもった守備でも貢献した。
 
37 クリスティアーノ 6
センタリングに対して反応が悪く、得点機を逃していた。ただ、精度の高いクロスを配給し、決定機を作っていた。
 
交代出場
MF
34 ドゥドゥ −(81 IN)
疲労の見えた伊東に代わって投入され、右ウイングに入ると、献身的に上下動を繰り返した。89分のヘッドは決めたかった。
 
FW
9 田中順也 −(89分IN)
インサイドハーフで入ると、D・オリヴェイラと2トップのような形に。終盤には最前線に入り、ゴールを狙った。得点は奪えなかったが、コンディションの良さは窺えた。
 
DF
2 鎌田次郎 −(90+3分IN)
試合最終盤に出場。5バックの中央に入り、クローザーとして役割を果たした。
 
監督
下平隆宏 6
甲府の堅守を崩せなかった前半を受けて、後半はよりサイドからの攻撃を強めるように指示。1点リードで迎えた終盤には5バックに変更して、逃げ切りに成功した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
ボールを回される時間帯が多かったが、巧みなラインコントロールなど組織的な守備で要所を締めた。それだけにクリアミスからの失点は痛恨だった。一方攻撃ではフィニッシュの精度がなく、勝負強さに欠けた。
 
【甲府|採点・寸評】
GK
1 河田晃兵 5.5
集中を切らすことなく、身体を張った好セーブを見せた。しかし、セットプレーでの一発は止めることはできなかった。
 
DF
4 山本英臣 6
的確なカバーリングと対人での強さが光った。流れのなかから崩されなかったのは、この男の働きが大きかった。それだけにCKでの失点が悔やまれる。
 
5 新里 亮 5.5
ロングボールへの対応も良く、D・オリヴェイラに自由を与えなかった。ただ、激しいタックルを90分続けるのは難しかった。
 
23 稲垣 祥 6(87分OUT)
山中との1対1はほとんど負けず、対人プレーで存在感を発揮。機を見たオーバーラップで、攻撃に厚みをもたらしていた。
 
28 橋爪勇樹 5.5
前半は伊東のスピードに、程よい距離感を保ち、うまく対応していた。しかし後半はギアを上げられ、翻弄されていた。
 
41 土屋征夫 5.5
クリスティアーノへの対応が落ち着いていた点は評価できる。何度かオーバーラップも見せたが、帰陣が遅くバランスを崩すシーンも。
 
MF
6 マルキーニョス・パラナ 5.5
ボールを奪うとセンターライン付近から持ち上がり、カウンターを加速させた。守備では中盤のスペースを埋めていたが、サイドまでカバーし切れなかった。
 
14 田中佑昌 5.5
精力的にボールを引き出し、攻撃を活性化。右サイドから何度かチャンスを作ったが、精度を欠き、得点には至らなかった。
 
19 盛田剛平 5.5(67分 OUT)
サイドでボールを受けると、長身を生かして、ボールを隠すようなキープで味方の攻め上がりを助けた。またクロスでもターゲットとして機能していた。ただ、後半はトーンダウンし、途中交代した。
 
30 保坂一成 5(81分 OUT)
寄せが甘くなるシーンが見られ、攻撃でもサイドにパスを散らすのみで存在感が薄かった。積極的にゴールを狙う姿勢も欲しかった。
FW
9 ダヴィ 5.5
相手DFに囲まれながらも、フィジカルを利したボールキープは効いていた。ただ、もう少し前からプレスをかけ、相手を押し込みたかった。

交代出場
MF
25 森 晃太 6(67分 IN)
裏へ抜けたり、外に開いたりと様々な動きでボールを呼び込み、攻撃に勢いをもたらした。終盤にシュートチャンスを決めきれなかったのが残念だ。
 
MF
19 ビリー・セレスキー −(81分IN)
ピッチ中央を動き回り、積極的にビルドアップに絡んだ。中盤の支配力を高めたものの、ゴールには直結する働きはできなかった。
 
MF
7 石原克哉 −(87分IN)
試合終盤に右サイドハーフで起用される。見せ場は少なかったものの、スムーズに試合に入り、アップダウンを繰り返した。
 
監督
佐久間悟 5.5
狙いだった「ペナルティエリアに入れない」守備は効果を発揮したが、セットプレーで隙を見せてしまった。ドゥドゥ不在のなか、攻撃面でも課題を露呈した。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。