[J1第2ステージ13節]川崎3-2横浜/9月25日/等々力

【川崎 3-2 横浜 PHOTO】川崎がロスタイムでの劇的な勝利を挙げる
 
 2-0で迎えた試合終盤、ピッチに掲示されたロスタイムはまさかの9分。異例の長さがスタジアムに動揺を誘うなか、川崎は天国と地獄を味わった。
 
 まず待っていたのは“地獄”だった。この日は大久保、E・ネットを出場停止で、チョン・ソンリョンを負傷で欠いた川崎だったが、終始安定したボール回しで試合をコントロールし、狩野と三好がゴールをマーク。ロスタイムを残した時点での2点のリードはもはやセーフティーゾーンに感じられた。

 しかし、90+6分に右サイドのクロスから最後は中町に押し込まれると、2分後には三好のパスミスを齋藤にかっさられ、伊藤にネットを揺らされる。
 
 まさかの同点。川崎の多くの選手がピッチに崩れた瞬間――、中村はチームにある言葉をかけたという。
 
「みんな地べたに座っちゃっていたので、終わってないでしょという話を。自分たちで折れちゃいけないから」
 
 そう語るキャプテンは残り数分での反撃を訴えた。そして、90+10分という通常ではお目にかかれない時間に小林がCKの流れから劇的な決勝弾を決め、勝点3をもぎとったのだ。
 
「(失点後)よくみんな立ったし、走ったし、セットプレー取りに行ったし、セットプレーのなかから(小林)悠が決めてくれた。2-0から2-2にしてしまった課題はありますが、最後まで諦めずに走ったというのは、今シーズンはこういう試合が多いですけど、やっぱり最後まで諦めなかった結果だと思います。この勝点3は非常に大きい、次に進める勝点3だと思います」
 
 第2ステージの覇権を争う首位・浦和が日中の試合で勝利していたため、負けられない一戦だった。これで浦和との勝点差は3のまま。残り4試合、逆転は可能だ。
 
 また、大久保ら主軸を欠いた中で結果を残せたのも大きい。中村もこう続ける。
 
「(狩野)健太と三好が点を取ったというのは彼らのプライドであると思うし、上手くみんなでやりながら攻撃の形はできた。(大久保らの)不在は要所で感じるところはあったと思いますが、いなくてもこれだけできるっていうのは見せられたはず。(彼らが)帰ってきてどんなメンツになるか分かりませんが、層は戻ってきているので楽しみです」
 ただ、自らも絶好機をバーに当ててしまったシーンを振り返りながら、チームの課題も指摘する。
 
「自分だけじゃなくてそれ以外にも、はっきり言って今日は、点は一杯取れた。自分たち次第だった。打ち損じや打ち急ぎ、最後合わないとか、数的優位の状況を作ったにも関わらずそういうのが多かった。もっと決めていれば楽になっていた。
 
 カウンターというかボールを取られて攻められてもいた。シュートで完結するか、決め切って終わらないと。相手は嵩にかかってきていたから、そこをビルドアップして後ろがチャンスを作っていたので、前には冷静さを求めたい。ただそれでも3点取ってくれているので、自分を含めて2失点してしまったのは、ミスでもあります。お互いで支えあう試合だったし、冷静に考えれば2-0以上で終わる試合だった。そこは課題かなと」
 
 さらに1ゴールと結果を残したものの、失点につながるパスミスを犯した三好を叱咤激励する。
 
「彼があそこのポジション(この日は3-4-2-1のシャドー)をやる時は言い続けている。あそこで受けられるのは当たり前、前を向けられるのも当たり前になってきたら、最後のバイタルエリアの仕掛け、どれだけ怖いプレーをできるか。まだまだノリでやるところはあるので、こればっかりは言っていくしかない。
 
 本人も自覚しているからこそ、このスピードでここまで来ている。点を取ってくれた選手だからあんまり言わなくても良いかもしれないけど、今日に関してはもっとやれたと思うし、彼もそう感じているはず。2失点目につながるパスミスはいただけないけど、下を向かずにやったので、こういう経験が彼を大きくすると思う」
 
 チームの課題を口にしながら、若手の成長も促す。川崎を支えるキャプテンの顔には慢心の影はなかった。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)