[J1第2ステージ13節]浦和3-0広島/9月25日/埼玉
 
 ライバルの広島相手に快勝を飾ったチームとは対照的に、関根貴大は「試練」と戦っていた。
 
 関根は槙野智章の欠場に伴い、本職とは逆の左WBでプレー。広島との公式戦出場5試合目にして、初めて試合開始からミキッチとマッチアップした。しかし、30分には裏を取られて、ペナルティエリア内への侵入を許し、ファウルを犯してPKを献上。広島がPKを失敗し、得点には至らなかったが、スピードを生かした突破を特長とする者同士の対決は、経験で劣る関根が完全に受け身に回ってしまう。
 
 従来、左WBを務める宇賀神友弥(この日は左のストッパーで先発出場)によれば、試合前日に関根は「ミキッチに対してどう守備をしたらいいか」アドバイスを求めてきたという。宇賀神は自身の経験則を元に、「スペースに走らせて、彼の得意なプレーをさせてしまうとどんどんリズムも良くなってくるから、そこをしっかり止めろ」と言葉を送ったが、ミキッチのほうが1枚上手だった。ふたりの攻防を後ろから見ていた宇賀神は、こう分析する。
 
「PKを取られたので、『裏のスペースをしっかり消して、走らせないように駆け引きをしながら足元に入っていけ』と伝えました。でも、アイツ(関根)が思っている以上に、ミキッチ選手のほうが駆け引きが上手かったと思います」
 
 関根も、「今年一番チンチンにされたな、という感じです」と悔しさを滲ませつつ、目の前の現実を受け止める。そんな後輩に対し、左WBの先輩である宇賀神はさらなる成長を期待してメッセージを送る。
 
「アイツはまだまだ能力でやっている部分がある。相手との駆け引き、ポジショニングはまだまだだとミキッチ選手に思い知らされたかなと。予測という部分では、ボールホルダーの目線やボールの置き方、コントロールの仕方とかすべて感じながら守備をしないと、ああいう優位なシーンを作られてしまう。相手との心理的な駆け引きも今日の試合で学んでほしいですね」
 
 浦和が悲願のリーグ優勝を果たすには、間違いなく関根の力が必要になる。選手としてワンランク上にのし上がり、チームを勝利に導ける選手になるために――。ミキッチとの対戦で味わった悔しさを、どのように自身の血や肉にしていくか、これからが見ものである。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)

【浦和 3-0 広島 PHOTO】攻守に躍動した浦和がチャンピオンシップ進出決定