移籍期限ギリギリにパリSGから買い戻したダビド・ルイスを含めて、今夏の移籍市場で5人の新戦力を獲得したチェルシー。興味深いのは、そのいずれも新監督のアントニオ・コンテが希望した補強ではなかったという事実だ。彼がクラブにリクエストした新戦力の獲得は、どれも実現しなかったのである。
 
 D・ルイスもエヌゴロ・カンテ(レスターから)も、そしてミチ・バチュアイ(マルセイユから)もマルコス・アロンソ(フィオレンティーナ)も、コンテの希望リストにはなかった名前。もちろん、クラブは指揮官の要請に応じて獲得交渉を進めた。だが、いずれも条件面で折り合いがつかなかったのだ。
 
 コンテが中盤に最も欲しがっていたのはラジャ・ナインゴラン。チェルシーはローマとも選手サイド(代理人)とも接触し、4000万ユーロ(約48億円)近い好条件を提示した。対するローマは4500万ユーロ(約54億円)という値札から譲る姿勢をまったく見せなかった。
 
 以前のチェルシーなら、こういう状況になれば先方の言い値に応じて交渉をまとめたものだ。それが近年は、そう簡単に財布を開かなくなっている。
 
 前線のトップターゲットだったアルバロ・モラタも、6000万ユーロ(約72億円)のオファーをレアル・マドリーに拒否されて交渉が決裂。第2ターゲットのロメル・ルカクにも同じ金額をオファーしたもののエバートンに突き返され、獲得できなかった。
 
 CBも同じだ。コンテのファーストチョイスはカリドゥ・クリバリ。ナポリに対して4000万ユーロを上回るオファーを送りながら、これも拒否される。次善のコンスタンティノス・マノラスは、ローマが交渉のテーブルに着こうとすらしなかった。
 
 そもそも実は、コンテは同じローマのアントニオ・リュディガーを第一候補に挙げていたのだが、EURO2016開幕前に膝の怪我で長期離脱したためターゲット変更を余儀なくされたという経緯がある。
 
 コンテがリストアップした次の名前がアレッシオ・ロマニョーリで、チェルシーはミランに対して3500万ユーロ(約42億円)+ボーナスをオファーした。ミランの総帥シルビオ・ベルルスコーニとアドリアーノ・ガッリアーニ副会長はこれを表向き否定しながら、実際には受け入れる決断を下した。
 
 ここで拒否権を発動したのが、ミラン経営権の買い取りが内定している中国資本だった。将来チームの看板となりうる21歳の優秀なイタリア人CBを手放すというのは、彼らには受容しがたい決断だったのだ。
 続いてチェルシーが獲ろうとしたのは、コンテがユベントス時代に指揮したアンジェロ・オグボンナ(ウェストハム)。しかし、これも話がまとまらない。こうしてCBを補強できないまま移籍期限間際を迎え、行き着いたのがコンテの希望リストにはないD・ルイスだった。
 
 コンテはD・ルイスのように、フィジカル能力やテクニックに優れていても、注意力や集中力に欠け、致命的なミスを犯すタイプが好きではない。とはいえ、CBの補強がどうしても必要だったこともあり、最終的にゴーサインを出したのである。
 
 このD・ルイスのオペレーションを取り仕切ったのは、大物代理人のキア・ジョーラブシャンだ。キアはこのほかに、インテルが獲得したジョアン・マリオ(スポルティングから)とガブリエウ(サントスから)の移籍にも絡んでおり、ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムントから)、ズラタン・イブラヒモビッチ(パリSGから)、そしてポール・ポグバ(ユベントスから)をマンチェスター・Uに送り込んだミーノ・ライオラと並んで、この夏に最も派手に動いたエージェントだった。
 
 ガビゴール(ガブリエウの愛称)は直接のクライアントではないものの、昨今は彼のような有力代理人が仲介人として大きな移籍に絡むのが当たり前のようになっている。
 
 この2人に次いで大きなディールに絡んだ代理人は、M・アロンソをチェルシーに、マルコ・ログ(ディナモ・ザグレブから)とニコラ・マクシモビッチ(トリノから)をナポリに移籍させたファリ・ラマダーニだ。
 
 D・ルイスとM・アロンソの獲得は、いずれもクラブ首脳が彼ら代理人との繋がりで進めたものだった。
 
 コンテが歓迎したM・アロンソも、そもそもは彼の希望リストになかった名前だ。コンテはセサル・アスピリクエタを左から右SB、ブラニスラフ・イバノビッチを右SBからCBに動かすために、左利きの左SBを必要としていたが、第一希望はユーベ時代の教え子クワドォー・アサモアだった。SBとインサイドハーフでプレーできるポリバレントなタレントであり、コンテのサッカーもすでに理解して使い勝手がいいからだ。
 
 アサモアの代理人が、他でもないコンテ自身をチェルシーに売り込んだフェデリコ・パストレッロだという事情もあり、彼にコンタクトをとってファン・ギジェルモ・クアドラード(ユーベからレンタル復帰していた)との交換を条件に獲得を目論んだ。ところが、ユーベが拒否したために具体的な交渉にまでは発展しなかった。
 クアドラードをユーベに戻すことにも当初、コンテは反対していた。戦力として極めて高く評価していたうえ、さらに2年前にケンカ別れに近い形でユーベを去ったという経緯もあるし、今夏も心証を害していたからだ。
 
 ユーベがチェルシー側に打診をせず、ネマニャ・マティッチなどにアプローチしているその事実に、コンテは不快感を抱いていたのだ。ジュゼッペ・マロッタGDとファビオ・パラティチSDはマティッチの代理人と複数回会談を持ちながら、チェルシーには電話一本すら入れてこなかった。
 
 クアドラード再獲得に関しても、コンテ自身はユーベからまったく接触を受けていない。ただ、この件でコンテの拒否権が機能しなかったのは、クアドラード自身が「家庭の事情からどうしてもイタリアに戻りたい」と懇願したから。ロンドンでの生活に適応できない母親の体調が優れず、イタリアに戻りたがっていたのだ。
 
 もっとも、コンテが抵抗したために、500万ユーロ(約6億円)でオプションなしの1年レンタルという条件で進んでいた交渉は、最終的には一定の出場試合数を越えた場合には2500万ユーロ(約30億円)で買い取り義務が発生するというオプションをユーベが飲まざるをえなくなっている。
 
 またチェルシーはメルカートの終盤、インテルとの間でセスク・ファブレガスとマルセロ・ブロゾビッチの交換にも動いた。コンテはセスクを評価しておらず、放出を容認していたのだ。
 
 これが成立しなかったのは、800万ユーロ(約9億6000万円)というセスクの高額年俸
がネックになったため。インテルの新オーナーである蘇寧グループは資金力があるとはいえ、それでもクラブの経営規模から見てこの金額は法外だ。交渉がそこから先に進むことはなかった。
 
 セスクに関しては、期限最終日まで残り2〜3日になったところで、同じく中国資本に買収される見込みのミランが獲得に動いたが、こちらも年俸がネックになってすぐに頓挫した。
 ここからは余談になるが、ブロゾビッチにはユーベも強い興味を持ち、獲得の可能性を探っていた。ブロゾビッチの代理人は、昨夏のアレックス・サンドロのユーベ入りに尽力した『ドイエン・スポーツ』のネリオ・ルーカスで、ユーベとは良好な関係にある。インテルがこの打診を断ったのは、主力選手をライバルチームには渡すわけにはいかなかったからだ。
 
 メルカート終了間際に、シュテファン・リヒトシュタイナーのインテル移籍をユーベがブロックしたのも同じ理由から。私がマロッタとSMSをやり取りしていたら、「うちの選手をインテルに出すことは絶対にない」というメッセージが送られてきたこともあるくらいで、ユーベとインテルの対立関係はクラブレベル、そしてそれ以上にサポーターレベルで顕著になっている。
 
 話を戻そう。かくしてコンテは、自らが望んだプレーヤーをひとりも獲得してもらえなかった。チェルシーでのポジションと発言力は、まだそこまで確立されているわけではないとも言える。
 
 今後ピッチ上で結果を出してオーナーのロマン・アブラモビッチ、メルカートを取り仕切っている右腕のマリーナ・グラノフスカヤ女史の信頼を勝ち取れれば、今冬、そして来夏は状況も変わってくるだろうが。
 
文:ジャンルカ・ディ・マルツィオ
翻訳:片野道郎
 
※『ワールドサッカーダイジェスト』2016.10.06号より加筆・修正。
 
【著者プロフィール】
Gianluca DI MARZIO(ジャンルカ・ディ・マルツィオ)/1974年3月28日、ナポリ近郊の町に生まれる。パドバ大学在学中の94年に地元のTV局でキャリアをスタートし、2004年から『スカイ・イタリア』に所属する。元プロ監督で現コメンテーターの父ジャンニを通して得た人脈を活かして幅広いネットワークを築き、「移籍マーケットの専門記者」という独自のフィールドを開拓。この分野ではイタリアの第一人者で、2013年1月にグアルディオラのバイエルン入りをスクープしてからは、他の欧州諸国でも注目を集めている。