9月29日、10月のロシア・ワールドカップ最終予選(6日のイラク戦と11日のオーストラリア戦)を戦う代表メンバーが発表された。

【日本代表PHOTO】W杯予選・イラク戦、豪州戦のメンバー26名

 選手の顔ぶれを見ると、26人のうち半数以上の15人が欧州組で、岡崎、本田、香川、清武、長友など所属クラブで定位置を確保できていない選手がかなり含まれている。
 
 今回は鹿島の永木が初招集されたとはいえ、どちらかと言えば代わり映えしないメンバーだ。ちなみに、ハリルホジッチ監督は選手選考について、「川島、長友、吉田、長谷部、香川、清武、本田、岡崎、宇佐美、武藤。そういった選手を除けてしまうと、誰を交代しますか。かなり難しいですよね。だから、そのような選択は私にはできないということです」と述べている。
 
 9月シリーズのメンバーから大きな変更はなく、そうした“保守的なスタンス”からスタメンを予想すると、GKは西川、4バックの最終ラインは酒井宏、吉田、森重、長友、2ボランチは長谷部、柏木。トップ下が香川で、3トップが本田、岡崎、原口になるだろう。
 
 ただ、所属クラブで出番に恵まれていない欧州組を頼りにしていいのか、という不安は付きまとう。例えばシュツットガルトで先発出場を続けている浅野をCF、川崎で良い働きをしている小林を右ウイング、長友より試合勘がある酒井高を左SBで使ってもよさそうだが、果たして……。
 
 しかし、コンディション重視でスタメンを選んだとしても、おそらくCBの吉田は外れない。というのも、吉田、森重以外のCBは、A代表デビューしていない丸山と植田、故障明けの槙野と「?」が付く選手ばかりなのである。消去法で判断すれば、CBコンビは間違いなく吉田と森重だ。
 UAE戦やタイ戦でディフェンス面の不安を露呈したことを考えると、この2試合で致命的なミスをした長谷部に加えて吉田と森重のCBコンビは、10月シリーズの2試合でも日本のウイークポイントになるか。
 
 10月に対戦するイラク、オーストラリアを相手に守り切れるか分からない現状で期待すべきは攻撃陣だが、こちらも不安が先行する。仮にトップ下を含む前の4人を岡崎、本田、香川、原口にすると、コンディションが万全そうなのはヘルタ・ベルリンで好調の原口ただひとり……。
 
 本田や岡崎など所属クラブで“冷遇中”の欧州組に頼るのはリスキーだ。コンディションが良くない選手を使って、負けたのが9月のUAE戦だった。これまでの実績、経験だけでスタメンを選ぶと、UAE戦と同じ悪夢に見舞われるかもしれない。ハリルホジッチ監督には世代交代も睨んだ大胆な采配が求められるのではないか。

【日本代表PHOTO】イラク戦、豪州戦に向けた日本代表メンバー26人