ついに首位のシッポを捕まえた。
 
 終盤戦にさしかかったプレミアリーグEASTで、一大旋風を巻き起こしているのが大宮アルディージャユースだ。第11節の柏レイソルU-18戦で4-2の快勝を収め、3連勝。後期がスタートしてから6戦負けなし(4勝2分け)で、この日、横浜F・マリノスユースに苦杯を舐めた首位・青森山田との勝点差を3に縮めた。残りは3試合。頂上はもう手が届くところにある。
 
「本当になにをやっていいのか分からなかった。前期はみんなバラバラでしたね」
 
 そう振り返るのは、主将のボランチ、山田陸(3年)だ。昨年までは4-3-3が基本システムで、重厚なポゼッションと前線からの激しいプレスを軸とした、いわゆるバルサ型のアクションサッカーを標榜。プレミアEASTで堂々3位に食い込んだが、今季はスタイルががらりと変わった。トップチームとの連動性を重視し、同じ戦術とシステム(4-4-2)の導入を図ったのだ。
 
 攻守のバランスを意識しながら臨機応変に守備ブロックを形成し、中盤の構成力と2トップの打開力を最大限に活かしてゴールを狙う。取り組んだのはこんなサッカーへの転換だ。当然、急激な変化に選手たちは戸惑いを隠せず、チームはドタバタのまま開幕3連敗を喫してしまう。実力伯仲の最高峰リーグで、出足の躓きは致命傷になる。まさにどん底からの再出発だ。
 
 そんななかでも、今春から指揮を執る大塚真司監督は冷静に対応し、いっさいブレなかった。
 
「試合を重ねるごとに守備に粘りが出てきて、形になっていきましたね。当然高校生ですから、メンタルの浮き沈みがある。そこをうまくコントロールして自信を持たせて、試合に送り出しました。夏を過ぎたくらいでしょうか。トレーニングの姿勢や雰囲気がグッと良くなって、それがゲーム内容にも反映されるようになりました」
 
 土曜日の柏戦。驚かされたのは、攻守両局面でのオートマティズムだ。左右対称の綺麗な4-4-2をピッチ上で具現化し、チーム全体がつねにコンパクトな陣形を保ちながら、破壊力抜群の柏アタッカー陣を巧妙に罠に誘い込む。バイタルエリア手前、あるいはタッチライン際で確実に潰してボールを奪うと、山田と長谷川元希(3年)の2ボランチがしっかりとボールを収め、彼らのスイッチの切り替えから、チームはひとつの生き物のように連動していく。速攻も遅攻も自由自在だ。この日は高質なカウンターとチェンジ・オブ・ペースをツボにはめて柏DF陣を翻弄し、68分までに4点のリードを奪った。
 
 快進撃を牽引するのが、8月の日本クラブユース選手権で得点王に輝いたFW、小柏剛(3年)だ。後期の開始とともにゴール量産態勢に入り、柏戦でも2ゴールを挙げて6戦連発。これで通算9ゴールとなり、単独得点王に躍り出た。前線でコンビを組む後輩・奥抜侃志(2年)は、「小学校からずっと組んでるからなんでも分かる」(小柏)という間柄。兎にも角にも、この2トップが強力だ。ドリブル自慢の奥抜が守備陣形を切り崩してマークを分断し、エネルギッシュに広範囲を動き回る小柏が豪快に裏のスペースを突いて、確度の高いフィニッシュで仕留める。
 
 押しも押されもしないエースの小柏は、謙遜しながらこう話してくれた。
 
「カンジ(奥抜)とはいい引き出し合いができてますし、ディフェンスが本当に上手くはまっていて、いい形でボールを獲れるから、僕ら(2トップ)も動きやすいんです。プレミアでもクラブユースでも、負けから学べたのが大きかったのかなと思います。みんなそれぞれが問題意識を持っていたし、僕自身もどう動けばチャンスになるのかを考え、答を見つけていった感じです。気づいたら得点王になってましたね(笑)」
 
 プレミアでここまで挙げた8勝のうち、7つが1点差での勝利だ。これを勝負強いと見る一方で、柏戦の終盤に2失点を献上したように、ゲームの締め方には改善の余地がある。
 
 来春のトップ昇格が濃厚な山田は、「どこか4-0で満足している自分たちがいた」と反省を口にし、指揮官も「メンバーが代わってからの失点。出ている選手が交代で入った選手たちの良さを引き出しながら、『ボールを奪う、守る』に執着しなければいけない。とくに3年生に求めていきたい部分です」と手綱を締める。15試合を戦って得失点差はようやくプラマイゼロになった。青森山田やFC東京U-18など他の上位チームはいずれも二桁に乗せている。覇権争いにおいては、小さくないハンデだ。
 
 とはいえ、大塚監督は「いまの時点では順位はまったく気にしていない」ときっぱり。「シーズンが終わった時にどこにいるかだけなんで。それよりも重視しているのは、チームと選手が成長できているかどうかです。今日はしっかり狙い通りのサッカーができたと思いますし、前回0-3で負けたレイソルに一時は4-0まで持っていった。間違いなく成長の証だと捉えています」と、賛辞を惜しまない。そして山田は「気持ちの入り方とかチームがひとつになったというのが大きいし、いまはすべてを理解して取り組めている。残りは全部勝ちたいと思います」と、チャンピオンシップ進出に照準を合わせる。渡辺俊介、高柳郁弥と活きのいい1年生アタッカーコンビも台頭してきており、さらなる上積みが見込めそうだ。
 
 勢いのままにゲームを消化したいところだが、次回のプレミア開催は11月27日(第16節/市立船橋戦)と、およそ2か月のインターバルがある。そこに挟み込まれるのがJユースカップ。指揮官は「一発勝負なんで負けたら即終わり。そうなれば(公式戦がなくなって)時間の使い方が難しくなる。その意味でも、ひとつでも多く勝ちを掴みたい」と、伝統のトーナメントでの躍進を誓う。
 
 J1で好調のトップチームと同様に、ユースサッカーシーンでも、オレンジ軍団がシーズン最終盤の鍵を握りそうだ。いかなる結末を迎えるのかは分からない。ただ、大宮アルディージャユースが一見の価値ありの好チームであることだけは、太鼓判が押せる。
  
取材・文:川原 崇(高校サッカーダイジェスト)

※月曜日(10月3日)発売の「高校サッカーダイジェストVol.17」は、選手権予選展望とJユースカップ名鑑の2大企画でお届けします。Jユースカップ名鑑は出場するJ全50クラブ・899選手のデータを網羅。定価930円(税込み)です。ぜひお手元に!!