[J1第2ステージ14節]甲府0-4横浜/10月1日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 4.5
名古屋、新潟が勝利するなか、是が非でも勝点が欲しかったが、後半早々に2点目を失ってからは前掛かりに攻めて、さらに2点を失った
 

【甲府|採点・寸評】
GK
1 岡西宏祐 4.5
今季リーグ戦フル出場の河田が、前日に左ハムストリングを痛めるアクシデント。プロ4年目でのリーグ戦デビューとなったが、状況判断のミスもあり、4失点と悔しい結果に。
 
DF
41 土屋征夫 4.5
数的有利を作って守りたかったが、「前半の途中から足を打撲していた」(佐久間GM兼監督)こともあってか、斎藤、さらには金井の攻め上がりに、手を焼くことに。
 
4 山本英臣 5
完全に抜け出した伊藤への36分のタックルなど、いつもと変わらない読みの守りを見せていたが、47分の失点以降はゲームのコントロールを失い、らしからぬミスも。
 
5 新里 亮 4(76分OUT)
ゲームの入りから不安定さを露呈。マルティノスの仕掛けの前に、徐々に成す術を失っていった挙句、76分に交替。
 
MF
23 稲垣 祥 4.5
立ち上がりは、万全ではない状態を感じさせないプレー。ただ「外だと3、4人を相手にしなくてならないので、少し中に入るようにした」(斎藤)に突破を許す。
 
6 マルキーニョス・パラナ 4.5
ポジション取りが遅かったのか。本来のプレーではなく、いつもなら通されないようなパスを通される場面が何度かあった。
 
30 保坂一成 5 (64分OUT)
6分の相手CKから混戦となった場面では、文字通り身体を張ってピンチを防いだ。試合全体では、中町、天野、前田の間を取る位置取りに、後手を踏まされた印象。
 
28 橋爪勇樹 5
「こちらのことなど、まったくお構いなしに」(橋爪)攻め残るマルティノスを相手に、攻守の最適値を見出せず。それでも敗色濃厚となった終盤も、ゴール前まで走り続けた。
 
FW
19 盛田剛平 5 (57分OUT)
決して得意ではないはずの、戻っての守備に奮闘したものの、攻撃については横浜の選手に複数で身体を寄せられ、ポストプレーが機能せず。
 
14 田中佑昌 5
立ち上がりこそ、1.5列目からの飛び出しを見せていたが、ダヴィ、盛田にボールが収まらないと苦しくなり、次第にトーンダウンした。
 
9 ダヴィ 4.5
本人が一番歯痒いのだろうが、いまの状態ではJ1上位チームの守備陣には通用しない。攻撃ではボールロストが多く、守備のスイッチ役にもなっていない。
 
交代出場
FW
25 森 晃太 4.5(57分IN)
ピッチに入った直後に3点目を失い、難しい状況での投入ではあったが、見せ場らしい見せ場はなく。記録上シュートは2本撃っているが、その印象が残らないほど。
 
MF
20 黒木聖仁 5(64分IN)
オープンな展開のなか、攻撃面での役割と、場合によっては最終ラインからの配球役を期待されての投入だったが、決定機には絡めず。
 
DF
17 津田琢磨 −(76分IN)
スコアが0対3となったあと、3バックの左に入る。それでも短い時間のなか、前の選手を追い越してのプレーなど、やるべきことをしっかりとやっていた。
 
監督
佐久間悟 4.5
残留争いのライバルチームに、大きく離された得失点差を考えれば、0対2となった直後に動くくらいの采配が欲しい。序列が固定化された感のあるスタメン選考も疑問。
【チーム採点・寸評】
横浜 7.5
1点目が入るまでは、甲府お得意のパターンに引き込まれそうになったが、第2ステージ最多となる1試合・4得点の快勝で、来週のYBCルヴァンカップ準決勝に弾みをつけた。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 榎本哲也 6.5
稲垣のヘディングシュートを防いだ9分のセーブがなかったら、試合展開はまったく別の様相を呈していたはず。快勝の影の功労者。
 
DF
18 遠藤渓汰 6
自由奔放に動くマルティノスとは、連係のズレる場面が多かったが、後半途中に齋藤がポジションを右サイドに移動してからは、活き活きとプレー。次々とチャンスに絡んだ。
 
2 パク・ジョンス 6
中澤と協力しながら、甲府の前線に攻撃の起点をつくらせず。シャドーの位置から飛び出してくる田中にも対応して、リーグ戦3試合ぶりの無失点勝利に貢献。
 
22 中澤佑二 6
シュートらしいシュートをダヴィに撃たれたのは20分の場面くらい。それ以外は、ほぼ前を向かせることもなく、空中戦でも完勝と、さすがの存在感。
 
24 金井貢史 6.5
齋藤とのコンビネーションで、面白いように左サイドを攻め上がる。身長差のある盛田とのマッチアップにも、味方をうまく使いながらボールを収めさせなかった。
 
MF
8 中町公祐 7 (59分OUT)
やや下がり目の位置から、相手の嫌がるようなパスを連発してゲームメイク。「中田英寿2世」なんていう、ちょっと懐かしい呼び名を思い起させた。
 
29 天野 純 6.5
相手の間でボールを受けたかと思えば、タイミング良く飛び出し。「ポゼッションして、ゲームをコントロールしたかった」(モンバエルツ監督)なか、中町と中盤を制圧。
 
20 マルティノス 6.5 (79分OUT)
前半途中までは持ち過ぎの感もあったが、しなやかなドリブルでふたりをかわして、先制点をお膳立てしてからは、水を得た魚のごとく甲府の左サイドを翻弄。
 
25 前田直輝 7
先制点の場面は、斎藤いわく「直輝がニアで空振りしたことで、相手のDFがズレてくれた」そうだが、そのお返しとばかりの齋藤の絶妙なパスから、しっかり3点目をゲット。
 
MAN OF THE MATCH
11 齋藤 学 7.5(65分OUT)
4得点すべてに絡んで、文句なしのMOM。前節の試合後に流した悔し涙を、すぐさま最高の結果へと昇華させた。これぞプロフェッショナルの活躍で、試合後には日本代表に追加招集されている。
FW
16 伊藤 翔 6.5(60分OUT)
甲府とは対照的に、前線でボールをキープして時間をつくる。貴重なチームの2点目につながった裏への抜け出しも見事だった。
 
 
交代出場
MF
28 喜田拓也 6(59分IN)
負傷明けで4試合ぶりのリーグ戦出場。楽な試合展開も手伝って、ブランクを感じさせずに、再びレギュラー争いに名乗り。
 
FW
17 富樫敬真 6.5(60分IN)
荒々しくはあるが、強引なまでの裏への飛び出しは魅力的。82分には「あれは、ほとんど齋藤さんのゴール」とは言うものの、自身12節ぶりとなるゴールを決める
 
FW
14 和田昌士 −(79分IN)
下部組織出身のルーキーがリーグ戦デビュー。アディショナルタイムには、前線でタメをつくって、絶妙のタイミングで裏へパスを落とす小癪なプレー。
 
監督
エリク・モンバエルツ 7
中村、下平、カイケなどが不在のなかでの快勝に、試合後は納得の表情。3対0になってからは、来週のYBCルヴァンカップを見据えた余裕の采配。
 
取材・文:渡辺 功(フリーライター)

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。