「コンディションは問題ないです」
 
 植田直通は、開口一番そう言った。
 
 同僚である昌子源の負傷を受けて鹿島での出場機会を増やし、今回の日本代表にも選出。CBとしては、丸山と並んで吉田、森重、槙野に次ぐバックアップの位置付けだが、本人は出場に猛烈な意欲を燃やしている。
 
「選ばれるだけでは意味がない。試合に出られなければ意味がないと思うので、これからしっかりアピールして試合に”絶対”絡んでいきたいと思います」
 
 今回の2試合で対戦するのは、イラクとオーストラリア。ともにフィジカルに優れた2チームというのも、本人が強く意気込む要素のひとつだ。
 
「オーストラリアの映像も見ました。そこまで蹴ってくる印象はなかったけど、部分部分で強さを見せていた。僕はそういうところで強さを売りにしていますし、負けないようにしたい。骨格の違いもありますし、(イラクより)オーストラリアのほうが身体も身長も大きくという印象はあります。でも、そういった相手でも僕は負けるとは(思っていない)。やってみて勝てるとは思うので、真剣勝負したい」
 
 最終予選で2連敗スタートのイラクはともかく、2連勝でグループ首位に立つオーストラリアは相当に手強い相手。代表経験の浅い植田にチャンスがあるとすれば、ピンポイントでの起用だろう。ケイヒルやジュリッチといった空中戦に強いFW対策として、終盤の守備固めとしてピッチに送り込まれる可能性は決して低くない。
 
 そこでアピールできるかが、植田の代表での命運を分けると言っても過言ではない。指揮官が重視する「デュエル」にすべてを捧げるCBが、飛躍のチャンスを掴めるのか注目したい。