10月3日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の10月シリーズに挑む日本代表が、トレーニング2日目を迎えた。
 
 全体練習が終わった後、清武は他の選手と一緒に戻らず、ピッチに留まる。しばらくすると、ハリルホジッチ監督の指導の下、個別でのシュート練習が始まった。
 
 ゴールに背を向けた状態で、ハリルホジッチ監督や樋渡通訳と何本かパス交換をして、指揮官の長いパスに反転し、シュートを放つ。
 
 その他にも、受けて、はたいて、リターンをもらってからのシュートなど、本番を想定した複数のパターンで何本も打ち込んだ。
 
 時間にして、約15分。この“特別レッスン”が実施された場所は、中央のバイタルエリアだった。ボランチやCFとのコンビネーションで、前を向いた“トップ下”清武がゴールを狙う――イラク戦では、そんなシーンを期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)