9月4日より、2018年ロシア・ワールドカップの欧州予選がスタートし、各国は13枚しかない本大会行きチケットを手に入れるため、来年10月までの長丁場の戦いに、その身を投じた。
 
 6か国ずつ9グループに分かれ、それぞれの首位チーム、および2位チームの成績上位8チームによるプレーオフの勝者が本大会に駒を進めることになる。
 
 各グループで多くの興味深い対決が実現することとなったが、なかでも注目を集めている組み合わせのひとつが、グループCのスペインとイタリアだ。
 
 今夏のEURO2016でも激戦を繰り広げた両国が、W杯、EUROといったビッグイベントの予選で顔を合わせるのは初めてであり、その意味でも歴史的なカードと言える。
 
 スペインはフレン・ロペテギ、イタリアはジャンピエロ・ベントゥーラと、ともに新たな指揮官を迎えた両国は、まず10月6日(現地時間)に、イタリア・トリノのユベントス・スタジアムで最初の対決に臨むこととなる。
 
 おそらくは首位攻防戦となるであろう、この注目の戦いを前に、これまで世界のサッカー界で主役として君臨してきた2か国の激突の歴史を、ここで振り返ってみたい。
 
――◇――◇――
 
 これまで、スペインとイタリアはあらゆるコンペティションにおいて35回対決し、成績はスペインの10勝14分け11敗。ほぼ五分と言っていいだろう。
 
 そのうち、公式戦で両国の対決が実現したのは14回。最初はオリンピックで、1920年のアントワープ大会の2回戦だった。
 
 現在のリーガ・エスパニョーラで、個人賞の名称にその名が使われているGKリカルド・サモラ、FWピチーチを擁したスペインとイタリアは2回戦で顔を合わせ、フェリックス・セスマガの2得点で前者が勝利。スペインはこの大会、銀メダルを受賞している。
 
 4年後のパリ大会でも1回戦で両国は対戦し、この時はイタリアが1-0で雪辱。さらに次のアムステルダム大会では、準々決勝でこのカードが実現した。
 
 イタリアには、GKジャンピエロ・コンビ、FWアンジェロ・スキアビオ、フルビオ・ベルナルディーニといった、後にW杯でも活躍する歴史的な名手が顔を揃えていたが、試合は延長戦の末に1-1。しかし3日後の再試合では攻撃力が爆発して7-1と圧勝し、3位入賞を果たした。
 
 五輪での対戦は現時点でこれが最後であり、両国の対決の舞台はこの後、W杯に移っていく。
 
 最初の対峙は、1934年の第2回大会。開催国として時のムッソリーニ政権から優勝を義務付けられたイタリアは、再び準々決勝でスペインと遭遇し、6年前同様に激戦を展開した。
 
 先制したのがスペインというのも、イタリアが追い付いて延長戦突入、そして決着つかず再試合というのも、6年前と同じ。そして翌日の再試合でイタリアが勝ったのも、である。ただ今回は接戦で、唯一のゴールを挙げたのは、ジュゼッペ・メアッツァだった。
 
 この勝利の後、イタリアは準決勝でオーストリア、決勝でチェコスロバキアを破って初の世界制覇を果たし、さらに4年後のフランス大会で連覇の偉業を成し遂げたのである。
 
 この第二次世界大戦前の対峙から、W杯での次なる戦いまでには、実に60年を擁した。94年アメリカ大会、準々決勝である。
 
 試合は前半にディノ・バッジョのミドルシュートで動くが、スペインは後半にカミネロが同点とする。そして試合終了2分前、ジュゼッペ・シニョーリのスルーパスを受け、GKアンドニ・スビサレータをかわしてゴールを決めたのは、稀代のファンタジスタ、ロベルト・バッジョだった。
 
 ちなみにこの試合の終盤、現バルセロナ監督のルイス・エンリケが、イタリアのマウロ・タソッティに肘打ちを食らって流血。長期出場停止処分を受けたミランの名DFにとって、この試合が代表ラストゲームとなった。
 ここまで、五輪、W杯での対決を振り返ってきたが、この魅力的なカードが最も多く実現したのは、欧州王者を決めるコンペティションだった。
 
 最初は80年で、本大会出場枠が8か国に増えた同大会でホストカントリーを務めたイタリアは、グループステージでベルギー、イングランドとともに、スペインとも対戦。スペインは2年後のW杯の開催国であり、ともに威信を示したい大会だった。
 
 しかし、結果はスコアレスドロー。3試合を終えた後、スペインは最下位に沈み、イタリアはベルギーに首位を奪われ、3位決定戦に臨むこととなった(チェコスロバキアにPK戦で敗れて4位)。
 
 8年後の西ドイツ(当時)大会でも、グループステージでイタリアとスペインは顔を合わせた。ともに世代交代の時期を迎えていたが、ここではイタリアの勢いが上回り、ジャンルカ・ヴィアッリの点取り屋らしいゴールが、両者の明暗を分けた。
 
 スペインは1勝2敗の3位で脱落。一方、2勝1分けで西ドイツに次ぐ2位でグループ突破を果たしたイタリアは、準決勝でソ連の猛烈なプレッシングサッカーに屈したものの、2年後の自国開催のW杯に向け、手応えを得ることができた。
 
 EUROは2008年、オーストリアとスイスの共催で行なわれた。この時、イタリアは世界王者。一方、スペインはここまでのメジャーイベントで、予選では強さを発揮し、大会前は「無敵艦隊」と呼ばれて優勝候補に挙げられるも、毎回期待を裏切ってきた。
 
 実績で大きな差ができていた両国が対決したのは準々決勝。試合内容ではスペインのパスサッカーがイタリアを押し込むも、ゴールネットは揺らせずじまい。決着がPK戦に持ち込まれた際には、結局はイタリアが制するだろう? と多くの者が予想していた。
 
 しかし、スペインはプレッシャーに耐え抜き、4人が成功。2人が失敗したイタリアを抑えて、ついに準決勝へ駒を進めた。そしてその後、スペインは準決勝でロシア、決勝でドイツを下し、44年ぶりにビッグタイトルを手にしたのである。
 
 産みの苦しみを乗り越えたスペインは、そこから黄金時代を迎え、4年後の南アフリカW杯でも優勝を果たす。対してイタリアは徐々に下降線を辿り、南アフリカではグループステージ敗退という失態を演じた。
 
 完全に立場が逆転して迎えた2012年大会。まずはグループステージの初戦で両者は対峙し、1-1のドロー。内容的には、スペインを研究したイタリアに、よりポジティブな印象が感じられる一戦だった。
 
 しかし、決勝で再び実現したこのカードでは、スペインが王者の強さを存分に発揮。ダビド・シルバ、ジョルディ・アルバが前半でゴールを挙げると、イタリアは怪我人続出で数的不利まで強いられ、終わってみれば4-0のワンサイドゲームでスペインが王座防衛を果たした。
 
 そして記憶に新しい、今夏のフランス大会。史上最弱といわれながらも、グループステージを好内容のサッカーで首位通過したイタリアと、最終戦を落として2位で決勝トーナメントに駒を進めたスペインの対決は、それまでの歩みが試合内容にそのまま表われた。
 
 主導権を握ったイタリアは33分、FKからジョルジョ・キエッリーニが詰めて先制すると、反撃を見せたスペインを最後まで封じ切り、終了間際、速攻からグラツィアーノ・ペッレがダメ押しゴールを決めるという会心の勝利で雪辱を果たした。
 
 スペインにとってイタリアは、08年にその関門を越えたことにより世界一への道が拓けたという意味で、特別な存在だと言える。一方、イタリアにとって今夏のリベンジが、長く続いた暗黒の時代の幕を引くきっかけとなったのだろうか。
 
 ともに、歴史の分岐点でぶつかり、それぞれの戦いの歴史を彩ってきた好敵手であるスペインとイタリア。その対峙はこの先も、激闘の歴史を創り出していくこととなる。