「2016 COPA BELLMARE U-11」(主催・湘南ベルマーレ)が9月24、25の両日、神奈川県平塚市の馬入ふれあい公園サッカー場で開催された。国内外の11歳以下16チームが交流を深めながら競い合い、ブラジルのパルメイラスが優勝を果たし、清水エスパルスが2位に入った。
 
 昨年度まで開催された「湘南ベルマーレホームタウンカップ」が国際化を遂げて、今回から「COPA BELLMARE」として開催されることになった。スローガンは「〜湘南で大志を抱け〜」。
 
 参加チームは、国内からJクラブのアカデミー、ベルマーレホームタウン代表、神奈川県選抜、神奈川県の各地トレセンチームなど、さらに海外からはフィリピン選抜、ブラジルからSEパルメイラスアカデミーの計16チーム。
 
 初日は4グループに分かれてのグループリーグを開催。その順位に応じて、25日に上位トーナメントと下位トーナメントが行なわれた。決勝ではパルメイラスと清水エスパスルが対戦。パルメイラスが11-0と圧倒的な強さを見せつけて優勝を果たした。湘南ベルマーレに勝ったフィリピン選抜が3位。
 
 普段対戦する機会のないチームとの真剣勝負を通じて、日本の選手たちも大きな刺激を受けて成長を遂げた様子だった。サッカーボールを中心に国際色豊かな輪ができあがり、成功裏のうちに大会は幕を閉じた。
 
【参加チーム】
●湘南ベルマーレホームタウンチーム
厚木トレセン
伊勢原トレセン
小田原トレセン
寒川トレセン
茅ヶ崎トレセン
中郡トレセン
秦野トレセン
平塚トレセン
藤沢トレセン
●招待チーム
【国内】
浦和レッズジュニア
清水エスパルスジュニア
東京ヴェルディジュニア
神奈川県U-11選抜
【海外】
パルメイラス(ブラジル)
フィリピン選抜(フィリピン)
●湘南ベルマーレチーム
湘南ベルマーレ強化特待クラス
 
【最終順位】
1位:パルメイラス
2位:清水エスパルス
3位:フィリピン選抜