10月5日、日本代表のハリルホジッチ監督が、明日行なわれるロシアワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦に向けた前日会見に臨んだ。
 
 会見冒頭で「勝つための準備をする」と力を込めた指揮官は、「最終予選は常にプレッシャーがあります」としたうえで、次のように続けた。
 
「経験がある選手たちは、このようなシチュエーションをしっかりコントロールできると思います。ただ、若い選手は準備ができていないかもしれません。そういう選手はプレッシャーの罠に引っかかるかもしれません」
 
 メンタル面の強化のために経験豊富なGK川島を招集したことからも分かるように、この2連戦に限って言えば、ハリルホジッチ監督は精神面を非常に重要視している。そうした指揮官の意向を考えると――明日のイラク戦では若手の先発抜擢はなさそうな気配だ。