人気イラストレーターのJERRYが、欧州サッカーをファニーな4コマ漫画で切り取る「GOOD TIMES BAD TIMES」。
 
 第9回の主役は、ジネティーヌ・ジダンとジョゼップ・グアルディオラという両指揮官だ。
 
 ジダン率いるR・マドリーは、カゼミーロが9月18日のエスパニョール戦で左足の腓骨を痛めて戦線離脱して以降、公式戦4試合連続ドローと勝ち星に見放される。チーム唯一の守備的MFで、攻守のバランスを取るうえで重要なピースであるブラジル人の不在を嘆く声は少なくない。
 
 一方、今シーズンからペップが指揮を執るマンチェスター・Cは、開幕から公式戦10連勝のロケットスタートを切る。しかし、ケビン・デ・ブルイネが9月下旬にハムストリングを負傷して戦線離脱すると、その後の2試合は引き分けと敗戦。ベルギー代表MF欠場で崩しのアイデアが減った印象は否めない。
 
 そんな中である日、カゼミーロとデ・ブルイネの早期復帰を叫んでいた海辺で、ばったり会ってしまったジダンとペップ。お互いに同じことを相手に対して思った?