[Jリーグ・ルヴァンカップ準決勝第1戦]
G大阪 0-0 横浜F・マリノス
2016年10月5日/市立吹田スタジアム
 
 浦和戦での大敗から3日、G大阪の選手たちと長谷川健太監督は「多少のリスクを冒してでも、前からボールを奪いにいこう」と確認し合って、この横浜戦に臨んだ。
 
 その狙い通り、立ち上がりから前線の倉田秋やパトリックがボールを収め、米倉恒貴と藤春廣輝の両サイドバックも高い位置に張り出してチャンスに絡む。しかし8分、マルティノスのプレッシングをかわすため、最終ラインで丹羽大輝から金正也へパス。そして金がGK藤ヶ谷陽介にバックパスを送る。
 
 しかし、台風18号の影響により大量の雨を含んだ芝に足とボールがとられてしまい、金の蹴ったボールが弱く、ノーマークのマルティノスに渡ってしまったのだ。
 
 絶体絶命のピンチの到来――。
 
 藤ヶ谷はすかさずマルティノスのシュートコースに立ちふさがる。すると、マルティノスの放ったシュートは……ゴールの枠を捉え切れず、ポストのぎりぎり横に逸れていったのだ。
 
 天を仰ぐマルティノスや横浜の選手たち。ベンチにいたモンバエルツ監督も頭を抱えて、茫然と立ち尽くした。
 
 その後も両チームともに決定機を作り出したものの、結局スコアレスドローに終わった。振り返ってみると、このワンプレーがターニングポイントであったと言えた。実際、GK藤ヶ谷は、「ゴール前での致命的なミスだった。でも、あそこで凌いだことで、また次につながった」と語っていた。
 
 ワールドカップ・アジア最終予選の日本代表に東口順昭が招集されているため、チャンスを掴んだ35歳のベテランGKは、ビッグセーブも見せて無失点に貢献。まさに、次へつないでみせた。
 
「次の90分、必ず勝ちに行きます」
 
  第2戦は10月9日午後2時から、日産スタジアムで行なわれる。藤ヶ谷は短い言葉に、強い決意を込めた。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)