本誌ワールドサッカーダイジェストと大人気サッカーアプリゲーム・ポケサカとのコラボで毎月お送りしている「レジェンドの言魂」では、サッカー史を彩った偉大なるスーパースターが、自身の栄光に満ちたキャリアを回想しながら、現在のサッカー界にも貴重なアドバイスと激励を送っている。
 
 今回、10月6日発売のワールドサッカーダイジェストWebに登場するのは、クラブレベルではプレミアリーグ得点王4回という最多記録を保持し、フランス代表としては世界と欧州の両方を制した輝かしい経歴を持つ、稀代の点取り屋、ティエリ・アンリだ。
 
 フランスが世界に誇る育成機関によって生み出された最高傑作のひとりといわれる男の偉大なる足跡を、ここで振り返ってみよう。
 
――◇――◇――
 
 1977年8月17日、フランス・パリから南西に25キロほど離れたシャティヨン地区レ・ユリスで、アンリはこの世に生を受けた。
 
 スポーツを勧める父と教育熱心な母によって育てられたアンリに、サッカーの楽しさを教えたのはストリートでのプレー。まるで殴り合いのような荒っぽいゲームのなかで、他の子よりも小さかったティエリ少年は、強さを身につけながら、技術を磨いていった。
 
 サッカーについては非常に厳しい父アントワーヌは、めったに息子を褒めることはなく、そのこともティエリを成長させる要因のひとつともなった。
 
 12歳の時、セミプロのチーム「ヴィリー・シャティヨン」にスカウトされ、すぐにその得点力で多くの勝利をチームにもたらすと、アンリは14歳の誕生日を迎える直前、パリ郊外のクレールフォンテーヌに設立されたINF(国立フットボール学院)の入学試験に合格する。
 
 入学時、技術は荒削りで、戦術理解度なども低かったアンリだが、当時の学院長によれば「サッカーのインテリジェンスが抜群に高かった」ため、飛躍的な成長を遂げていった。
 
 卒業後は、ベルサイユFCでのプレーを経て、以前から目をかけられていたモナコと契約。94年8月31日のニース戦で、アンリのプロキャリアは幕を開けた。
 
 当時のアンリのポジションはウイングであり、自らが点を取るより、FW選手をアシストする方が得意だった。チームの多くの得点に絡んだ彼は、95-96シーズンにリーグの新人王を受賞し、96-97シーズンには早くも初めてのリーグ優勝を経験する。
 
 96年の夏、レアル・マドリーと規則に反するかたちで移籍交渉を行なったことで罰金処分を受けたアンリ。この頃はピッチ上で結果は出す一方で、エリート意識が悪い方向に作用し、チームの和を乱したり、監督ジャン・ティガナに歯向かったりと、問題児の側面もたびたび顔を出した。
 
 そして99年1月、アンリはついにモナコを離れ、国外での挑戦に踏み切る。行き先は、前シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)で彼と対戦し、その力を認めていたユベントスだった。
 
 意気揚々とイタリアに乗り込んだ21歳の青年を待っていたのは、「守備の負担が大き過ぎた」(本人談)カルチョの厳しい洗礼と、名門クラブゆえの厳格なムード。そのどちらにも馴染めなかったアンリは、力を発揮できず、わずか3ゴールを挙げるに止まった。
 
 すっかり調子を落としていた彼に、イングランドから救いの手が差し伸べられた。救世主は、モナコ時代にアンリをトップチームに引き上げ、その後、名古屋グランパスを経て、アーセナルで指揮を執っていたアーセン・ヴェンゲルだった。
 
 99年夏、「自分の良さを熟知し、自由にプレーさせてくれる」恩師の下でプレーを始めたアンリは、凄まじいキャリアの上昇曲線を描き始める。理想とするアタッキングサッカーの柱にアンリを置き、彼をウイングからCFにコンバートしたヴェンゲルの判断は正しかった。
 
 2シーズン連続で2ケタ得点を記録した後、2001-02シーズンには24ゴールを挙げてプレミアリーグの得点王に輝くとともに、チームに4シーズンぶりのリーグタイトルをもたらしたことで、アンリはクラブ史に語り継がれる英雄のひとりに昇り詰めた。
 
 03-04シーズンには30得点の大台に達して欧州の得点王にもなった彼は、同シーズンに2度目のプレミア制覇に貢献。続く2シーズンでも25得点、27得点とゴールを量産し、トップスコアラーの座を守り続けた。
 いまだ最多記録である4度のプレミアリーグ得点王に君臨し、リーグ優勝にも貢献したアンリは05-06シーズン、初めてCL決勝の舞台に立つ。しかし、バルセロナに逆転負けを喫し、悲願を果たすことはできなかった。
 
 それから2年後、彼はアーセナルを離れ、バルサのユニホームを身に纏う決心を固める。低調な出来に終わったファーストシーズンを経て、ジョゼップ・グアルディオラ体制の1年目、国内リーグでは19ゴール、そしてCLでも得点を量産して、ついに欧州王者の一員となった。
 
 こうして、クラブレベルではほぼ全てのタイトルを手にしたアンリは、09-10シーズン後にバルサとの契約を解除し、残りのキャリアを米国MLSのニューヨーク・レッドブルズで過ごしたのである。
 
 そんな彼にはもうひとつ、忘れてはならないキャリアがある。言うまでもなく、フランス代表としての歩みだ。彼はここでもエリートであり、15歳の時から代表に名を連ね、96年にU-19欧州選手権優勝に大貢献、翌年にはワールドユース(現U-20ワールドカップ)にも出場した(ベスト8)。
 
 A代表には97年10月1日の南アフリカ戦でデビュー。翌年、所属クラブのモナコでは常時スタメンとはいかない立場だったにもかかわらず、「若さと意外性に期待した」というエメ・ジャッケ監督によって、自国開催のワールドカップの最終メンバーに選出された。
 
 この大会でアンリは3試合のスタメン出場を含む、計5試合でピッチに立ち、3得点。グループステージのサウジアラビア戦では、先制点を含む2ゴールを記録した。しかし唯一、ブラジルとの決勝戦では偉業達成の瞬間をピッチの外から眺めることとなった。
 
 20歳で世界王者の一員となった彼は、その2年後の欧州選手権では、不動のレギュラーとして5試合に出場。今度は、イタリアとの決勝でもピッチに立ち続け、劇的な展開の末に大陸王者の座を勝ち取った。
 
 こうして、「レ・ブルー」でのキャリアにおいては、早い段階で2つのビッグタイトルを手にしたアンリだが、そこから先は、苦しみ、悔しさばかりがつきまとうこととなった。
 
 2002年日韓W杯でチームは無得点でグループステージ敗退を喫し、アンリ自身は2戦目(ウルグアイ戦)で退場処分を食らってひと足先に大会を終了。EURO2004では2ゴールを挙げたが、チームは準々決勝で伏兵ギリシャに敗れ去った。
 
 2年後のドイツW杯では、準々決勝で優勝候補筆頭のブラジルを下す決勝ゴールを挙げたものの、決勝ではイタリアに守り切られ、PK戦で6年前の雪辱を許し、EURO2008はオランダ戦で1点を挙げるも試合は1-4の大敗、チームはグループステージで1勝も挙げられずに終わった(1分け2敗)。
 
 そして、最後のビッグイベントとなった2010年南アフリカW杯では、欧州予選のアイルランド戦でアンリが左手で決勝点を“アシスト”したかたちとなり、世界的な大論争を巻き起こすこととなってしまった。
 
 本大会ではグループステージで全敗。無残な結果を残しただけでなく、内紛が起こったり、レイモン・ドメネク監督が敵将との握手を拒否したりと、フランスは世界に恥を晒す結果となった。
 
 2試合に交代出場したこの大会をもって代表チームのキャリアに終止符を打ったアンリは、2014年12月にレッドブルズを退団するとともに、現役を引退した。
 
 以降は解説者、古巣アーセナルのユースコーチを務め、今夏、ベルギー代表のアシスタントコーチ就任を発表して、世界を驚かせた。
 
 美しいゴールを量産して多くのファンを魅了してきた天性のストライカーは、新たなキャリアにおいて何を見せてくれるか。今後も、アンリが世界中の人々の注目と期待を集め続けるのは間違いない。

260万DLの人気アプリに“レジェンド”が蘇る!!

ユーザー自身がオーナーとなって理想のサッカークラブを作り上げる、スマートフォン用育成シミュレーションゲーム「ポケサカ」(対応OSはiOS、Android、端末対応はKindleFire)。WSDコラボ企画の第34弾となる今回は、アンリが登場。「アンリカップ」にエントリーして、「フランス版アンリ」を手に入れよう。詳細は新機能が追加されたアプリ内でチェック!!

公式HP:http://www.pksc.jp/
公式twitter:@PocketSoccer_PR
 
APP storeからダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/id572515596
Google playからダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.newstech.awakereset
KindleFireでダウンロード
http://www.amazon.co.jp/dp/B00L94O82W