[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
 10月6日のイラクとのホームゲームは、劇的な展開で2‐1の勝利。しかし、試合後の本田に笑顔はなかった。ゴールもアシストもなく、途中交代でベンチに下がった影響もあったかもしれない。ただ、途中交代については冷静に受け止めていた。
 
「今まで(最終予選のようなビッグマッチで)そういうシーン(途中交代)は少なかったかもしれないけど、ハリルになってからはそれなりに交代があるということで。というか、監督の指示自体が前の3人については疲れた選手から代える。
 
だからもう、計算してやるな、というところなので、今日でいったら(原口)元気は点を取っていましたからね。元気は外さないですよね。順序的にはオカ(岡崎)、僕、元気。だから僕でしょ。僕が監督でもそうしているかなと」
 
 自身の出来だけでなく、本田は日本のパフォーマンスにも満足していない。日本をそこまで怖がらず、自信を持って臨んできたようにも見えたイラクの戦いぶりについて、本田は少し昂った声で次のように言っていた。
 
「本当はこっちが向こうをバカにしたいんです。あんまりそういうところは戦術的には求められていない。そういうところは僕やヤットさん(遠藤保仁)の真骨頂なところでね。
 
 僕もその辺のスピーディーさが欠けるとか、いろんな意見があるんでしょうけど、アジアレベルで言えば徹底的に相手をバカにするプレーは得意としている。でも、それは今求められていない。怖い攻撃をもっと増やしていこうというところが今の代表のテーマなので、それはそれで前向きにチャレンジしたいという気持ちで臨んでいる。自分になかったところなのでね。
 
 別に否定的ではないですよ。でも、本来はイラクみたいな国が僕たちを必要以上にリスペクトしていないのは腹立たしい。本当は向こうがうざいと思うくらい回さないといけない」
 
 本田はもしかするとジレンマを抱えながら戦っているのかもしれない。

【日本 2 - 1 イラク|PHOTOギャラリー】劇的な一戦を写真で振り返る!