高校・ユース年代における国内最高峰リーグの高円宮杯U-18プレミアリーグのWESTで9得点を挙げ、得点ランキングで2位につけるDFがいる。C大阪U-18所属の舩木翔だ。
 
10月13日から31日までバーレーンで開催されるU-19アジア選手権に臨むメンバーの一員にも選出されているこの高校3年生は、冒頭の数字からも十分理解出来るように“超”攻撃的なサイドバックである。
 
 もともと小学生の時は前線でプレーをしており、ジュニアユース時代にはボランチを経験。その後、ユースに昇格した後に当時のチームを率いていた大熊裕司監督によって左サイドバックにコンバートされたのだが、後方に位置を変えてもそのアグレッシブさは失われることなく、自他共に認める強力な武器となっている。
 
 そして、その長所が存分に発揮されたのがU-19日本代表に合流する前の最後の公式戦。10月1日に行なわれたプレミアリーグWESTの15節・神戸弘陵との一戦である。この試合で、舩木はDFながらハットトリックという偉業を達成。特筆すべきは、3つともすべてが流れの中からだったということ。セットプレーからの得点はひとつもない。
 
 立ち上がりから敵陣で高い位置を取り続けると、11分にペナルティエリアの外からFWの落としを受けて、ダイレクトの左足ミドルでネットを揺らし先制点を奪取。前半のうちに1点を返されるも、ゲームが終盤にさしかかった78分、中央左サイドからゴール前のFWにななめのパスを付け、自らも前進。中央でそれを受けたFWは相手守備陣に挟まれボールを失うも、舩木がそのこぼれを拾ってボックス内深くに侵入し、角度のない位置から鋭いシュートをネットに突き刺した。
 
「自分の特徴はクロスだと思っていたのですが、中に入っていく怖い選手にならないといけないなと思っていた。ああいうところで中に入って、ドリブルを仕掛けてシュートまで持っていけたのはすごく良かった」
 起点とフィニッシャーの両輪をこなしたこのゴールに、本人も満足げだった。
 
 そしてゴールラッシュの締めくくりは88分。右サイドから上がったクロスをファーで待ち構え、左足で合わせて3点目を記録。多様な形で3点を奪ったこの事実からも彼の凄みは伝わるが、それ以外の細かな1つひとつのプレーからも、彼が持つ非凡な攻撃センスを随所に感じ取れる。
 
 裏へフィードを送る際も絶妙な回転をかけて受け手の最も望む位置へボールを“置き”、 GKとディフェンスラインの間を通す絶妙なクロスを幾度も配給する。シュートでもクロスでも威力を発揮する左足は、それ一本だけでも相手にとって厄介なのだが、さらに「昔からけっこう得意ですね」と語るのはヘディングだ。ネットは揺らせなかったものの、セットプレーのターゲットとしてゴール前で幾度も存在感を示し、3度ほど惜しいシーンを見せた。
 
「攻撃に絡むのが最大の持ち味」と本人は言うが、とにかく、チームが点を取るために必要な能力を高い水準で備えており、SBとしては群を抜くモノがあるのだ。
「彼の良さは、攻撃力。中学生の時にボランチをやっていたから、そういうところはより見えているし、今日の試合に関しては彼の良さが出た。ただ、もう1個レベルが上がると、やっぱり彼のSBとしての守備の能力が問われてくるので、そこは課題。彼がそこも含めて1つ成長すれば、いい選手になると期待しています」
 
 この日、チームの指揮をとっていた田島一樹ヘッドコーチも、船木ストロングポイントをこう語るが、その半面、ウィークである守備の部分にも言及。もちろん本人もここは心得ているのだが、田島ヘッドコーチは「彼が後ろにポジションを取り出したら良さがない」とも語る。
 
「代表に行かせてもらって色々なことを経験しているし、その経験を自分が伝えないとチームは強くならないと思っている」
 
 世代別の代表にも入り、プレミアでも数字で結果を残していることから、自身にも中心選手としての自覚がある。ただ一方で、C大阪U-23の一員としてJ3の試合に出場し、自身が“まだまだ”と残された課題を肌で感じた部分もあり、慢心はない。
 
「もう少し自分がアグレッシブに上がって攻撃に絡まないと(いけない)。やれない部分が多かったので、高い意識を持って、もっと上のレベルでやれるようにしたい」
 高校年代で通用するのはある種、当たり前。それより上の舞台でも、その武器が出せるのかどうか、という狭間の部分で、舩木は闘っている。
 
 そういった意味で、世界への挑戦権を取りに挑む「U-19アジア選手権」は、彼にとって自身の立ち位置を図る絶好の機会だ。
 
「去年の1次予選ではスタメンで2試合出してもらったけど、相手は推進力があるなかで、(自分は)まだまだなところが多かった。今回は、去年から成長できたところを見せられると良いかなと思います。サイドに特徴のある外国人の選手とやる中でも、自分がより前に出てプレーをしたら、その選手も下がるしかない。そういったところで相手の攻撃力を消していけたら自分の勝ちなので」
 
“引く”つもりは毛頭ない。アジアの舞台でも徹底的にアグレッシブに戦い、舩木は世界への切符を掴みに行く。
 
取材・文:竹中玲央奈(フリーライター)