日本代表に大型FWは必要ないのか? 監督経験のある清水氏と、世界のトレンドに詳しい岩本氏に、それぞれの視点から見解を求めた。
 
―――◆―――◆―――◆―――
 
 高さのある選手を、必ずひとりは入れておいたほうがいい。その「一手」は、膠着した局面の打開策として確実に有効だからだ。その他にも起用法はいくらでも考えられる。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の采配を見ると、自分たちのサッカーを90分間やり切ることが美学だと思っているのかもしれない。だが、現実は良くない。固定されたメンバーで戦い続け、視野が狭くなっている。今の日本代表は確固たるスタイルを確立できていない。加えて、アジアでの地位も脅かされている。もはや、臨機応変に戦わなければ、UAE戦のように負けてしまう。
 
 今は交代カードを切っても変化がない。似た選手が出てくるから、ポジション変更くらいしかテイストを変えられない。その人の調子が良いから、悪いからというだけの人選。そうではなくて、交代枠は戦術的に何かを変えたい、テンポを変えたい、インパクトを与えたい時にこそ使うものだ。
 
 私の場合は、2トップの一角に空中戦に強い選手を起用することが多く、仙台時代にはマルコスを使った。マルコスが動けば、DFも付かざるを得ない。そのスペースを(佐藤)寿人のような選手が突く。それだけで攻撃のバリエーションは増加する。
 
 競り合いになればスクランブルになる可能性もあり、こぼれ球を拾って二次、三次攻撃と相手を押し込める。テル(岩本輝雄)みたいに正確なキックを持っている選手がいれば、中で待っている選手にも、走り込んでくる選手にもピンポイントで合わせてくれる。そうなれば、相手は「どっちを守ればいいんだ」と混乱する。
 
 そういう意味で、やはり大型FWは必要なのではないか。もちろん、高さがあり、足もとの技術があり、機動力のある選手がいればベストだ。しかし、それはないものねだりに過ぎない。ならば、目を瞑らないといけない部分も出てくる。例えば、足もとのテクニックはないがヘディングでは負けない、パスは下手だがボールを収めるのが上手い、という選手もありだろう。
 候補はハーフナー・マイクと、192センチの長沢駿(G大阪)。前者は国外で戦い続けている実績があり、力強いプレーが特長だ。後者は日本代表経験こそないが、Jリーグで点を取っている。調子の良い選手を選出するのは、代表チームだからこそできることだ。
 
 ただ、ハリルホジッチ監督が以前にハーフナー・マイクを招集した時は、利点を生かせなかった。高さのあるハーフナーが前線にいるのに、周りは相変わらず足もとでパスをつなぐだけ。結局、単純に?疲れた選手を変えた?に過ぎなかった。そこで戦い方にどのような変化をつけ、誰を起点にハーフナーの高さを生かすのか。指揮官はある程度の狙いさえ、伝え切れていなかった。
 
 監督の仕事は、投入意図の理解が選手間でスムーズに行なわれるように普段から仕向けること。そうしないと、せっかく交代カードを切っても、勝手に振る舞ったり、迷う選手が出てきてしまう。結果的に中途半端さを生み、攻め方がバラバラになり、今までできていたプレーができなくなる。逆にチーム力は落ちてしまうんだ。新たなオプションを追加するためには、ハリルホジッチ監督の指導力が鍵になる。
 
 それができる前提で話を進めると、起用法は対戦相手や展開によって考えればいいだけ。そもそも、同じスタメンで試合に臨まなければいけないルールなんて存在しない。タイのように高さのない選手が揃う国と戦うならば、真ん中に長身FWがいるだけで脅威を与えられる。クロスを入れると、外に意識が向くから、パスワークを生かして中から崩す。攻撃のバリエーションは相手の出足を遅らせ、その連続がマ ークのズレを生む。
 
 繰り返しになるが、ターゲットとなれる選手にDFの視線は必ず集中する。そこに合わせるのもいいし、囮に使うのも効果的だ。その選手が動くことでできる前後のスペースに後ろから飛び込ませる。ペナルティエリア内に人数を集めることを徹底してほしい。
 
清水秀彦(元横浜M監督ほか)
しみず・ひでひこ/ 54 年 11 月4日生まれ、東京都出身。現役時代は日産 (現・横浜)一筋でプレー。 85 年に選手兼任コーチに就任した。 88 年に現 役を引退すると、横浜M、京都、仙台などで監督を歴任。選手再生に定評 がある。現在は解説者として活動し、H.Sスポーツクラブの代表も務める。
 大型FWは必要だ。まず、今の代表にはターゲットマンがいない。このオプションがあると、クロスを上げるシチュエーションはもちろん、他のシーンでも、相手DFはその選手の動きに釣られやすくなる。そうすれば、2列目や3列目から走り込んで得点、という場面はもっと増えるはずだ。
 
 世界を見渡すと、高さはそれだけで立派な武器だ。マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチ(195センチ)は別格として、レアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウド (185センチ)やガレス・ベイル(183センチ)も?高い?。大切なのは、決して?デカい?が重要な要素ではないこと。垂直跳びやジャンプのタイミングなど、ハイボールへの強さが目安だ。
 
 ただ、トレンドかと言えばそうとも限らない。世界では、FW選びも足もとの技術がベース。大柄でない選手が幅を利かせている節はある。バルセロナはその典型だ。ただ、あのチームはパスワークばかり注目されるが、実はクロスも多用している。

 例えば、リオ ネル・メッシが右サイドからカットインした時に、ルイス・スアレスがDFを引き連れてニアに飛び込む。それに合わせて、遠いサイドからアンドレス・イニエスタ、ネイマールが入ってくる。全員の目が3人を追うと、ファーを突いたジョルディ・アルバが空く。 そんなシーンをよく見かける。
 
 日本代表が足もとでパスをつなぐスタイルを貫くのであれば、バルセロナのように時にはピッチ幅を広く使うことをオススメする。でも、個人的には、やはり高さをオプションに取り入れるべきだと思っている。地上戦だけでは、どうしても行き詰まってしまう。時と場合によって、ロングボールを放り込むのが有効な時もあるし、そうした割り切りで、もっと効率的にゴールを奪えるのではないだろうか。
 
 もし選ぶのなら、194センチのハーフナー・マイク(ADO)。185センチのクロスへの飛び込みが特長の豊田陽平 (鳥栖)も候補者のひとりだ。ただ、豊田はコース取りの上手さ、DFの前に入るタイミングが秀逸だが、DFを背負った際のエアバトルで抜群の強さがあるわけではない。
 もちろん高さのある選手をすべての試合で先発させろとは言わない。ただ、ピンポイントでの起用は十分に検討していい。4−2−3−1でなく4−4−2であれば、ふたりのFWを縦関係にする。そして、小回りの利く香川真司や清武弘嗣と組ませる。また、岡崎慎司も最前線に張らせるより、所属クラブと同じような役回りをさせることで、より生きると思っている。
 
 スピードのある浅野拓磨とのコンビも面白い。ターゲットマンにボールを入れて、その落としに浅野が走り込んでくる。アジアが相手であれば、4−1−4−1を使うのはどうだろう。

 インサイドハーフに浅野、岡崎、香川、清武からふたりを選ぶ。後ろからどんどんと追い抜かせれば、相手はマークに戸惑う。アンカーはタイ戦で守備力を発揮した山口蛍。もちろん対世界なら2ボランチが既定路線だが、戦術の幅が広いに越したことはない。9月6日に行なわれたロシア・ワールドカップの南米予選、ベネズエラ対アルゼン チンの前者の戦い方は参考になる。
 
 結局、指揮官の起用法の問題が大きい。今までも高さを武器にする選手を試しはした。それが失敗したのは、戦術を固定してしまっているから。別に8割が足もとでの崩しでもいい。残りの2割をどう使うか。ライバル国に「こんな武器も持っている」と見せておくのは大切だ。
 
 これから、オーストラリアを筆頭に、大型CBを擁するチームと対戦する。今は目の前の1勝を求めることが必須で、ならばなおさら大型FWの重要度は高くなる。ロシア・ワールドカップ出場が決まったら、?日本らしさ?を改めて考えればいい。もっと機動力重視にしたって構わない。

 ただ、本当の問題点はそこではない。UAE戦、タイ戦で前線の選手がきっちりとゴールしていれば、こんな議論は起こらないはず。この風潮を黙らせるFWに出てきてもらいたいものだ。
 
岩本輝雄(元平塚ほか)
いわもと・てるお/ 72 年5月2日生まれ、神奈川県出身。現役時代は左足 から繰り出す精度の高いキックを武器に技巧派として活躍。平塚(現・湘 南)、V川崎(現・東京V)、仙台などでプレーした。日本代表通算9試合・ 2得点。引退後は指導者や解説者、フットボールトラベラーとして活動。