日本協会が10月7日、DF酒井宏樹の途中離脱を発表した。
 
 理由は、累積警告により同11日のオーストラリア戦に出場できないため。酒井宏は9月1日のUAE戦に続き、先日のイラク戦でも警告を受けていた。
 
 なお、酒井宏に代わる選手の追加招集はなし。ハリルジャパンは計24人でオーストラリアに乗り込む。
 
 酒井宏は不動の右SBとして、ここまでの予選全3試合にフル出場しているが、オーストラリア戦で代役を務めるのは誰になるのか。
 
 左右をこなせる酒井高が最有力候補として、同選手がこれまで務めてきた左SBに入るのは、経験豊富な長友佑都か。あるいは高さ対策として、槙野智章という選択肢も興味深い。
 
 ハリルホジッチ監督の采配に注目したい。