累積警告でオーストラリア戦に出場できない酒井宏樹に続き、長友佑都も怪我で代表を離れた。ふたりのSBが不在となる緊急事態で、とりわけ酒井宏がレギュラーを務めてきた右SBは手薄な状態だが、スタメンの最有力候補と見られているのが、酒井高徳だ。
 
 酒井高はここまで、ハリルジャパンでは左SBとして重用されてきた。ただ、クラブでは右SBを主戦場にしているように、左右が入れ替わってもなんの問題もない。右SBは長谷部誠や原口元気もこなせるが、前者はボランチ、後者は左ウイングでの先発が濃厚なだけに、やはりここは酒井高がファーストチョイスとなるはずだ。
 
 右SBで出た時のイメージは徐々に描きつつある。
 
「僕が見た試合では、(オーストラリアの)左の選手は勢いがあって、縦への推進力があるかな、と。ただ、守備に戻る時の切り替えが遅いので、そこが少しチャンスになると思います」
 
 SBに怪我人が相次ぐ状況で、酒井高にかかる期待はいつも以上に大きくなっている。もっとも、「誰かが怪我をしていなくなったから自分が頑張らなきゃ、ではなく、試合に出ている時は常に責任を持ってやってきた」と自負するように、今回もいつもと変わらぬスタンスで試合に臨むつもりでいる。
 
「1試合1試合、代表に貢献したいという想いでサッカーをやってきた」
 
 その一つひとつの地道な積み重ねで、今や日本代表では欠かせない存在となってきた。注目度だけでなく信頼度も高まり、チーム内の位置付けは間違いなく上位に置かれている。
 
 ただ、前回のイラク戦では悔しい想いもした。相手のFKの時、自分がマークについていた選手にゴールを決められている。
 
 セットプレーの守備は今の日本の課題でもある。酒井高もそのことは十分に承知していて、しっかりと映像で振り返り、反省し、対策を練る一方で、「実戦になれば、また違ってくる。試合中にもう少しタイトにつくとか、身体の向きを修正しなければいけない」と、臨機応変に対応する準備も忘れていない。
 
 イラク戦の借りを返す意味でも、オーストラリア戦ではクリーンシートを成し遂げたい。もちろん、持ち前のタイミングの良い攻撃参加で前線の選手をサポートし、厚みのあるサイドアタックを後押しする。攻守両面でのフル回転の働きで、勝点3を手繰り寄せられるか。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本 2-1 イラク|PHOTOギャラリー】山口の劇的弾で苦しみながらも勝利を掴む!