オーストラリアとの一戦は、今予選を占う重要な試合となる。現在グループ1位にいる相手を敵地で叩くことができれば――。攻守ともに“高さ”で頼りになる吉田麻也は、大一番に向けて意気込みを語った。
 
「監督も言っていましたけど、この試合がワールドカップに行けるかどうかを左右するぐらいの気持ちで戦わなければいけない、と。ただ、熱くなるのはもちろん大事ですけど、頭の中はクールに。アウェーでの戦いを忘れずに、クールにやっていきたい」
 
 チームの雰囲気について聞けば、「蛍のおかげで、すごくいいです」。
 
 ふたりのサイドバック(酒井宏樹、長友佑都)が途中離脱と、守備陣は厳しい状況にあるが、経験豊富な吉田のフル回転の働きで勝利に導いてほしい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)