[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア1-1日本/10月11日/ドッグランズスタジアム

 ロシアワールドカップのアジア最終予選・第4節。日本代表は1-1でオーストラリアと引き分けた。開始早々の5分の原口元気のゴールで幸先良く先制点を奪うも、52分にPKで失点し、このままドロー。敵地で勝ち切ることができなかった。

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後のインタビューで、「勝点1(を獲得した)というよりは、勝点2を失った試合ですね。我々はしっかりオーガナイズして、オーストラリアにチャンスを作らせなかったと思います。2、3回はゴールを取るチャンスもありました。ただ、選手は素晴らしい試合をしました。タクティックもしっかり管理してくれましたね。このような試合でものすごいフレッシュさ、スピードがあったら勝ったかなと思います」

 指揮官は前節のイラク戦と代わり、香川真司をトップ下、小林悠を右ウイング、本田圭佑をCFに起用。その布陣変更について、意図を語った。

「少しタクティックでサプライズを起こそうという意図でした。それで効果的になるようにということでしたけども、本田のパフォーマンスがもっと良ければ、この試合は勝てたと思います」

 先制点をアシストするなど前半こそ攻撃の軸として機能するも、後半に入って完全に息切れした本田に、そう苦言を呈し、勝利を逃した悔しさを滲ませた。

【PHOTOギャラリー】日本が原口の3戦連発弾で先制も、PK献上でオーストラリアと引き分け…