ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア戦は1-1のドローに終わった。ハリルホジッチ監督にしてみれば、まずはホッと胸を撫で下ろした結果だったんじゃないかな。もちろん、勝点3が取れれば最良の結果となったけど、まだ1位でなくてもいい。最後に終わった時に、2番以内に入れば本大会に行けるんだからね。
 
 日本は、本田を1トップに起用して、コンパクトなディフェンスからカウンターでの素早い攻めを狙いとしていた。先制点は、それが上手くはまった。中盤の高い位置でボールを奪って、手数を掛けずに本田、原口とつないでゴールに結びつけた。本田もイラク戦ではゲーム勘のなさを露呈していたけど、1トップでまずまずと言える出来だったんじゃないかな。
 
 3試合連続ゴールの原口はまさに“ノッテいる”選手と言えるね。先制点の場面でのタイミングの良い抜け出し方といい、ゴール前での落ち着いたシュートといい、この試合でも攻撃面では良い働きを見せた。
 
 ただし……。本人も試合後、落ち込んでいたけど、PKを与えた場面はちょっと慌ててしまった。ペナルティエリア内で不用意に後ろからチャージに行って、相手ともつれるようにして倒れたが、あの場面はもう少し慎重にいきたかった。
 
 テレビでは「危ない、危ない」って煽るから見ている人たちもみんな、「危ない!」って思うかもしれないけど、やっている選手は本当に危ない状況はどこかというのを、頭をクールにして冷静に判断しなければいけない。PKのシーンは、相手がサイドに流れていっているわけだから、そのままサイドに追い込んで、粘り強く対応していれば、なんら問題はなかったんだ。
 
 1点取ったけど、1失点に絡んだ原口にとっては、いい経験になったと思えばいい。まだまだ試合巧者ではないけど、こういう経験をしながら「勝ち方」というか、勝つために何をすべきなのかを覚えていってほしいね。
 
 
 原口が依然好調をキープして、本田も後半はややトーンダウンしたとはいえ、まずまずの働きを見せた一方で、まったく輝かなかったのが香川だった。
 
 ドルトムントでも出場機会を与えられていないということだけど、オーストラリア戦のプレーぶりなら無理もない。ゲームを通じて存在感を見せた場面が一度としてあったかな? ボールを持てば倒され、キープしても自分から仕掛けるシーンはほとんどなかった。
 
 チーム全体が後ろに下がり過ぎていたという不利もあったかもしれないが、それでもカウンターの時に推進力となるような躍動感溢れるプレーというのは皆無だった。
 
 そこで疑問なのがハリルホジッチ監督の采配だ。なんでずっと香川をピッチに置いたままで、清武とスイッチしなかったのか? 攻撃面で機能していたとは言い難かった香川を引っ張って、イラク戦で好プレーを見せていた清武を使わないという采配がどうにも腑に落ちなかったね。
 
 結局、香川はフル出場。清武は残り15分を切ってからようやく投入された。同じく途中出場で10分程度のプレータイムにとどまった浅野も同様で、調子のいい選手、勢いのある選手に対して、与えた時間があまりにも少なすぎると言わざるを得ない。
 
 第一、オーストラリアも今回はかなり自信を持って日本戦に臨んだという話だけど、肝心なところではやっぱり高さとパワー頼みの単調なサッカーになっていて、そんなに強いチームというイメージは持てなかった。ボールを支配していたのも、日本が引いて“持たせていた”という印象だ。
 
 そういう相手に対して、日本はちょっと相手をリスペクトしすぎていたかな。もう少し、自分たちの良さを押し出して、自信を持って戦っても良かった気がする。香川にしても、まずは自信を回復しなければ、代表でもドルトムントでも輝くことはできないだろう。
 
 とはいえ、日本としては、まず勝点1を手にしたことで、上位戦線に生き残ることができた。3戦目のイラク戦の劇的な勝利も、これで大きな意味を持つことになった。次は前半戦折り返しとなるサウジ戦(11月15日/埼玉)。なんとしてもこれに勝ってワールドカップ出場圏内に近づきたいところだね。

【PHOTOギャラリー】日本が原口の3戦連発弾で先制も、PK献上でオーストラリアと引き分け…