もはや、お馴染みの光景と言えるだろう。判定に納得がいかず、ハリルホジッチ監督が審判に食ってかかる姿はオーストラリア戦でも見られた。
 
 相手のペナルティエリア内に侵入しようとする本田が倒されたが、PKとジャッジされなかった時にも怒りを爆発させていた。その前に、原口が自陣エリア内で相手を倒してPKを献上していたことも、怒りを助長させる原因になったのかもしれない。
 
 もちろん、猛烈な抗議によって判定が変わることはないのだが、勝利を求めて常に試合中はアドレナリンを放出しっぱなし。試合後の会見ではやや疲れた様子で、「同点にされたゴールに関してはコメントしません」と憮然と言い放った。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…